ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)

軽快さが身上 2017.04.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。

プラットフォームとエンジンを刷新

このところ、スウェーデンのボルボがアグレッシブだ。リーマンショックによる経済危機の余波で、それまでの米フォード・モーターの傘下から、中国の吉利汽車に売却されたのが2010年のこと。しかし、そこからの経営状態の回復はめざましく、2016年のグローバル生産台数は、前年同期比6.2%増の約53万4000台と、過去最高を記録した。

日本では2016年に最上級SUVの「XC90」を刷新したのを皮切りに、2017年2月に、今回紹介する最高級ワゴンのV90と、最高級セダンの「S90」、そしてV90をベースにSUV的な味付けをした「V90クロスカントリー」の3車種を発売した。すでに海外では、XC90よりもひとまわり小さい「XC60」を発表済みなほか、2017年4月の上海モーターショーでは、より小型の「XC40」も発表される予定だ。

こうしたニューモデル攻勢を支えるのが、吉利汽車への売却後から開発が始まった新世代プラットフォームと新世代エンジンだ。同社のプラットフォームを中大型車向け新世代プラットフォームの「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」と、小型車向けプラットフォームの「コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)」の2つに集約し、新世代エンジンも4気筒だけに絞るという、高級車メーカーとしては大胆な決断をした。しかも、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでも可能な限り部品を共通化する。

すでに新世代プラットフォームのうち、SPAはXC90から採用が始まり、今回のV90やS90、V90クロスカントリーは採用第2弾となる。V90は、ボルボの従来の最高級ワゴンだった「V70」に代わるモデルで、車格としてはメルセデス・ベンツの「Eクラス」、BMWの「5シリーズ」、アウディの「A6」などと同じEセグメントに属する。

今回の試乗車は「V90 T6 AWD R-Design」。パワーユニットはターボとスーパーチャージャーで過給される2リッター直4エンジンで、最高出力320ps、最大トルク400Nmを誇る。8段ATを介して4輪を駆動する。
今回の試乗車は「V90 T6 AWD R-Design」。パワーユニットはターボとスーパーチャージャーで過給される2リッター直4エンジンで、最高出力320ps、最大トルク400Nmを誇る。8段ATを介して4輪を駆動する。
「R-Design」専用デザインのフロントマスク。フレームにシルクメタルを使用したフロントグリルと、グロスブラックのロワグリルがスポーティーなイメージを高めている。
「R-Design」専用デザインのフロントマスク。フレームにシルクメタルを使用したフロントグリルと、グロスブラックのロワグリルがスポーティーなイメージを高めている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4935×1880×1475mm。ライバルと目される「メルセデス・ベンツEクラス」と比べると、5mm短く、3cm幅広く、2cm低い。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4935×1880×1475mm。ライバルと目される「メルセデス・ベンツEクラス」と比べると、5mm短く、3cm幅広く、2cm低い。
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る