カンナム・スパイダーF3-T(MR/6AT)

一味違うオープンエア 2017.04.24 「カンナム・スパイダー」で風を楽しむ <PR> 持ち味は、クルマやバイクとは一線を画すドライブフィールと存在感! カナダ発の三輪バイク「カンナム・スパイダー」で東京から逗子までを往復し、オープンカーもかくやという爽快なツーリングを満喫した。

四輪とも、二輪とも違う

カンナム・スパイダーという乗り物をご存じだろうか。カナダのBRP(ボンバルディア・レクリエーショナル・プロダクツ)という会社で作られる、三輪の、いわゆる“トライク”だ。『webCG』では2016年のJAIA二輪車試乗会の特集で一度紹介されているので、覚えている方もいるかもしれない。

航空機や鉄道車両の分野でも知られるボンバルディアの歴史は、1942年に世界で初めてスノーモービルを発表したところから始まる。その後、水上バイク、ATV(オールテレインビークル)と分野を広げ、2003年にこれらを手がけるBRPが独立したのである。今回のカンナム・スパイダーを含め、日本ではBRPジャパンが輸入販売を行っている。

トライクには前2輪と後2輪とがある。カンナム・スパイダーはすべて前者だ。ツーリングタイプの「RT」シリーズとスポーティーな「F3」シリーズがあり、2017年モデルでは前者が「RT」「RT-S」「RTリミテッド」の3車種、後者が「F3」「F3-T」「F3リミテッド」の3車種となっている。このほかにも、限定車としてスポーツ性を極めた「F3-Sデイトナ500」がある。今回乗ったのはF3-Tだ。

エンジンはすべてオーストリアのロータックス製で、1.3リッターの水冷直列3気筒を横置きし、ベルトで後輪を回す。最高出力は117ps、最大トルクは130Nmと、特に前者は同排気量の四輪車用ダウンサイジングターボに匹敵する数字だ。

→公式サイトで詳しくみてみる
→近くのディーラーはこちら

→「カンナム・スパイダーF3-S デイトナ500エディション」の試乗記も読む

「カンナム・スパイダー」はフロント2輪、リア1輪の三輪バイクであり、2007年に初代モデルがデビューしている。
「カンナム・スパイダー」はフロント2輪、リア1輪の三輪バイクであり、2007年に初代モデルがデビューしている。
ステアリングはバーハンドル式。メーターの左右にはスピーカーが備わり、ラジオや音楽を楽しめる。
ステアリングはバーハンドル式。メーターの左右にはスピーカーが備わり、ラジオや音楽を楽しめる。
今回はスポーティーな「F3」シリーズのなかでも、小型のウインドスクリーンやサイドラゲッジなどを備えた「F3-T」に試乗した。
今回はスポーティーな「F3」シリーズのなかでも、小型のウインドスクリーンやサイドラゲッジなどを備えた「F3-T」に試乗した。
フロントを飾るBRPのエンブレム。BRPはスノーモービルや水上バイク、オフロードバギーなどを手がけるカナダのメーカーである。
フロントを飾るBRPのエンブレム。BRPはスノーモービルや水上バイク、オフロードバギーなどを手がけるカナダのメーカーである。
新着記事