第404回:「MITテクノロジーレビュー×レクサス ビジョナリー カンファレンス」に参加
AIと人間が共栄する未来について考えた

2017.04.20 エディターから一言
レクサスと、マサチューセッツ工科大学が所有する『MITテクノロジーレビュー』(日本版)がタッグを組み、今回のイベントが開催された。
レクサスと、マサチューセッツ工科大学が所有する『MITテクノロジーレビュー』(日本版)がタッグを組み、今回のイベントが開催された。

レクサスが未来の社会やライフスタイルの形を見据えるビジョナリーパーソンとともに、人間の力を拡張するテクノロジーとの共栄社会を考えるイベント、「MITテクノロジーレビュー×レクサス Visionary Conference ~AI/ロボティクスは人を幸せにするのか~」が2017年3月6日、文京区本郷にある東京大学で開催された。学者、作家、アーティスト、起業家たちが集い、白熱した議論が繰り広げられた会場の様子をリポートする。

2016年3月、コンピューター囲碁プログラム「アルファ碁」が世界最強の棋士のひとり、イ・セドル氏に勝利した。
2016年3月、コンピューター囲碁プログラム「アルファ碁」が世界最強の棋士のひとり、イ・セドル氏に勝利した。
米政府の報告書によれば、米国内の仕事の47%がAIや機械学習によって奪われると予測されている。
米政府の報告書によれば、米国内の仕事の47%がAIや機械学習によって奪われると予測されている。

“わからない”から広がる不安

映画『her/世界でひとつの彼女』は、世界初の人工知能OS“サマンサ”に恋する、ひとりの男の恋愛を描いた作品だ。サマンサに肉体はなく、PCから聞こえてくるのは声だけ。AI(人工知能)と人間との境界がなくなっていく世界で、私たちがAIとどのように向き合っていったらいいかを考えさせられる。

筆者の感覚では、AIがどんなものなのか、よくわからないというのが正直なところだ。人間が絶滅したあとに繁栄するのがAIだという推論や、アメリカでは仕事の47%がAIによってなくなるという予測を耳にすれば、ただただ不安に駆られ、戸惑うばかり。“わからない”から余計に不安だけが広がっていく。同じように感じている人は多いのではないか。

そんななか、レクサスがあるイベントを開催するという。タイトルは「LEXUSがビジョナリーパーソンと共に、人間の力を拡張するテクノロジーとの共栄社会を考える『MITテクノロジーレビュー×レクサス Visionary Conference ~AI/ロボティクスは人を幸せにするのか~』」。

一読しただけで少々気後れするようなタイトルだが、それもそのはず、開催地は本郷にある東京大学。人生初の赤門くぐりに興奮冷めやらぬまま、すでに満席状態の会場に滑り込んだ。

新着記事