第15回:2017年はあっと驚くモデルも登場!?
インポーターに聞きました~ルノー編~

2017.04.18 特集
 
第15回:2017年はあっと驚くモデルも登場!?インポーターに聞きました~ルノー編~の画像

2016年はコンパクトハッチバックの「トゥインゴ」がスマッシュヒット! ほかにも「カングー」など、個性的なモデルが人気を集めているルノー・ジャポン。その昨年の販売状況と、新型車の導入スケジュールを聞いた。

2016年は2000台以上が販売された「カングー」。コロンとしたかわいらしいスタイリングと、広々とした室内空間が魅力となって、日本のルノーの屋台骨を支えるモデルとなっている。
2016年は2000台以上が販売された「カングー」。コロンとしたかわいらしいスタイリングと、広々とした室内空間が魅力となって、日本のルノーの屋台骨を支えるモデルとなっている。
2016年は売り切れに近い状態だったという「トゥインゴ」。愛らしいコンパクトなボディーと、171万円からという価格で、今年も人気を集めそう。
2016年は売り切れに近い状態だったという「トゥインゴ」。愛らしいコンパクトなボディーと、171万円からという価格で、今年も人気を集めそう。
インタビューに応じていただいたルノー・ジャポンの佐藤 渉さん。ルノー車に乗る人の生活が楽しいものになるよう、毎日真剣に考えているそうです。
インタビューに応じていただいたルノー・ジャポンの佐藤 渉さん。ルノー車に乗る人の生活が楽しいものになるよう、毎日真剣に考えているそうです。

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

販売台数は、2015年比で104.3%となる5304台でした。おかげさまで2010年から7年連続で、対前年比増を達成しました。

――現在、販売をけん引している車種や、イチオシの車種はどのモデルですか?

2016年はカングーが、日本発売以来初の年間販売台数2000台超えと好調でした。また、9月に発売した新型トゥインゴも好評で、販売台数増に貢献しました。イチオシは、このトゥインゴです。リアエンジン・リアドライブという特徴的なレイアウトが、車好きのお客さまからの支持を集める一方、女性のお客さまにはデザイン性とポップなボディーカラーを気に入っていただいています。大変な人気をいただきまして、昨年は買いたくても買えないという状況になってしまい、ご迷惑をおかけしました。今年は大丈夫です。たくさんつくってもらいましたので(笑)。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

まだ、具体的なモデル名に関しては言えないのですが、毎日が楽しくなるようなモデルを導入していく予定です。本当にあっ! と驚くようなモデルも準備していますよ。年内に間に合うかなあ。

――全国のwebCG読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

ルノーは、お客さまの毎日が楽しくなるよう、車を通じてサポートすると同時に、車のある生活の楽しみ方の提案も行っています。今年もわくわくするような新型車や、個性的な限定車を導入するほか、とことん楽しめるイベントも積極的に実施してまいります。先ほどのあっと驚くようなモデルは、本当に驚きのモデルですので、どうぞお楽しみに。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、ルノー・ジャポン、webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2017」の過去記事リストへ
新着記事