トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)

エコ以外にも意味がある 2017.04.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。

モトを取るのは難しいかも

すでにご承知のように、プリウスPHVは普通の「プリウス」と横ならびで比較して“モトが取れる・取れない”という視点で見ると、とうてい選べるクルマではない。

プリウスPHVの本体価格は、同等装備のプリウスに対して約72万円高。プリウスPHVには今年5月以降の登録であれば20万円(4月までは9.6万円)の補助金がつく予定なので、実質価格差は50万円強ということになる。

新電力が乱立する現在は、PHVを電気自動車(EV)として使った場合と、ハイブリッド車として使った場合のエネルギーコストを、厳密に比較するのはむずかしい。

ただ、PHVやEVの充電にもっとも有利と思われる夜間電力料金(現在は新規契約を受け付けていない)を駆使して電気だけで走ると、15万~20万kmでトントン。一般的な“従量電灯B”の料金だと、電気で30万km前後は走らないとモトは取れない……というのが、エネルギーコスト面で見たプリウスPHVの、プリウスに対する大ざっぱなコスト感である。

新型プリウスPHVは“あらゆるところでEVの良さを体感してほしい”との商品企画で、今回試乗した「S“ナビパッケージ”」を含めた主要グレードに急速充電を標準装備する。

ただ、高速道路のサービスエリア/パーキングエリアに設置される急速充電の利用料金(会員制度その他で料金は千差万別だが、非会員だと1分あたり50円くらい)を例にとると、現在のガソリン価格では、普通にガソリンを入れて走ったほうが安上がりである。

また、プリウスPHVはオプションでソーラールーフパネルを選ぶと“量産車世界初のソーラー走行”が可能になる。ずっと外光にさらす露天駐車だと、日本の平均的気象条件で年間約1000km分の電力が回収できるそうだが、かりに燃費を20km/リッター、レギュラーガソリン価格をリッター130円とすると、1000km分の燃料費は6500円。よって、ソーラー充電のオプション価格(28万0800円)のモトを取るには数十年かかる計算だ(笑)。

「プリウスPHV」は、「プリウス」「ミライ」とともに、トヨタの“環境3兄弟”として位置付けられる存在。2017年2月にフルモデルチェンジして発売された。
「プリウスPHV」は、「プリウス」「ミライ」とともに、トヨタの“環境3兄弟”として位置付けられる存在。2017年2月にフルモデルチェンジして発売された。
リチウムイオン電池の小型軽量化と大容量化により、プラグインハイブリッドシステムが大幅に強化された。EV走行可能な距離は、先代モデルの26.4kmに対し、新型では68.2kmとなっている。
リチウムイオン電池の小型軽量化と大容量化により、プラグインハイブリッドシステムが大幅に強化された。EV走行可能な距離は、先代モデルの26.4kmに対し、新型では68.2kmとなっている。
ハイブリッドシステムは、基本的に「プリウス」と同じものを採用。1.8リッター直4エンジンにモーターが組み合わされる。
ハイブリッドシステムは、基本的に「プリウス」と同じものを採用。1.8リッター直4エンジンにモーターが組み合わされる。
関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る