スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)

ちょうどいい「スポカジ」 2017.04.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。

スバルゆえの悩み

米国市場を中心に絶好調と言ってもいい現在のスバルにも実は悩みがあるらしい。それはスバル各車が本格的すぎるとして、普通のユーザーからちょっと距離を置かれているのではないかということだ。確かにこの4月から社名も「株式会社SUBARU」に変更したスバルの全生産台数の98%は4WDモデルであり(スバルはAWDと称する)、形はSUVっぽいものがいいが、4WDまでは必要ないと考える顧客にとっては、ちょうどいいモデルが見当たらないのかもしれない。はたからみれば贅沢(ぜいたく)な悩みとも言えるし、スバルはそれこそが魅力じゃないかと私などは思うが、やはりもう少し顧客層を広げたいようだ。マニアックな4WDメーカーで、クルマにうるさい人たちだけが乗るブランドと思われているハードルを何とか下げたいのが望みらしい。そこで、こだわりはあるが実用的でもっと気軽に乗れることを訴求するために打ち出したキーワードがスポーツカジュアル、略して「スポカジ」である。モノ系雑誌のキャッチコピーみたいで、オヤジ世代にはちょっと気恥ずかしいが、本格的機能性と親しみやすさ、扱いやすさを両立させたい狙いはよく分かる。新型XVに新たに1.6リッターモデルが設定されたのもそれをにらんでのことだ。

XVは昨年発売された新型「インプレッサ」と同様、新世代のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用した第2弾、いわゆるクロスオーバーSUVである。自然吸気の2リッターと1.6リッターの2種の水平対向4気筒にリニアトロニックCVTを組み合わせたパワートレイン、ホイールアーチにガードモール(クラッディング)を備えて程よい道具感を演出したデザインなど、全体として従来型の正常進化型である。

 

2017年4月6日に発表された新型「スバルXV」。同年5月24日に発売される。
2017年4月6日に発表された新型「スバルXV」。同年5月24日に発売される。
黒とグレーを基調とした内装の各所に、オレンジ色のステッチがアクセントとして入る。「XV」らしい遊び心やアクティブ感を表現したという。
黒とグレーを基調とした内装の各所に、オレンジ色のステッチがアクセントとして入る。「XV」らしい遊び心やアクティブ感を表現したという。
エンジンは2リッター(写真)と1.6リッターの水平対向4気筒。いずれも自然吸気で、それぞれ154psと115psを発生する。
エンジンは2リッター(写真)と1.6リッターの水平対向4気筒。いずれも自然吸気で、それぞれ154psと115psを発生する。
今回は特設コース内で、登録前の車両に試乗した。写真は「2.0i-S EyeSight」。ボディーカラーはサンシャインオレンジ。
今回は特設コース内で、登録前の車両に試乗した。写真は「2.0i-S EyeSight」。ボディーカラーはサンシャインオレンジ。
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る