「メルセデス・ベンツGLA」がマイナーチェンジ

2017.04.19 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC」
「メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC」

メルセデス・ベンツ日本は2017年4月19日、コンパクトSUV「GLA」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

ボディーカラーは写真の「ジュピターレッド」のほか、「カルサイトブルー」や「エルバイトグリーン」など、全9色が設定される。
ボディーカラーは写真の「ジュピターレッド」のほか、「カルサイトブルー」や「エルバイトグリーン」など、全9色が設定される。
穴のあいたグリルや、新デザインのバンパーおよびフォグランプの採用により、従来型よりもSUVらしさが強調されたフロントマスクとなった。
穴のあいたグリルや、新デザインのバンパーおよびフォグランプの採用により、従来型よりもSUVらしさが強調されたフロントマスクとなった。
リアコンビランプには「クリスタルルック」を採用。後続車からの視認性を高められている。
リアコンビランプには「クリスタルルック」を採用。後続車からの視認性を高められている。
発表会では、後席に装着できるペット用品の実演も行われた。
発表会では、後席に装着できるペット用品の実演も行われた。
「GLA220 4MATIC」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、そしてペット用品の実演に登場した、モデル犬のマロちゃん。
「GLA220 4MATIC」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、そしてペット用品の実演に登場した、モデル犬のマロちゃん。

よりSUVらしさを増したデザインに

2013年9月のフランクフルトショーでデビューしたメルセデス・ベンツのコンパクトSUV、GLA。2017年1月のデトロイトショーではマイナーチェンジを発表。その最新版のGLAが日本に上陸した

GLAは、「Gクラス」を頂点とするメルセデス・ベンツのSUVラインナップにおいて最もコンパクトなモデルで、全高が1.55m以下というSUVとしては低めのボディーサイズが特徴だ。その名前からもわかるとおり、基本コンポーネントを「Aクラス」と共用するが、リアオーバーハングを延長することで、Aクラスよりも広い荷室を手に入れ、実用性を高めている。

今回のマイナーチェンジでは、フロントマスクをリニューアル。力強い印象を与える「パンチドグリル」に加えて、ヘッドライト、フロントフォグランプ、アンダーガードなどにより、SUVらしさを増した。また、テールライトには「Eクラス」にも採用される「クリスタルルック」を採り入れることで、視認性を高めるとともに、最新のメルセデス・ベンツらしさをアピールしている。

さらにトップモデルの「メルセデスAMG GLA45 4MATIC」では、ツインルーバーが特徴のメルセデスAMGデザインを採用することで、スポーティーさを強調している。

パワーユニットは、従来の1.6リッター直列4気筒直噴ターボ(122ps)を「GLA180」に、2リッター直列4気筒直噴ターボ(211ps)を「GLA250 4MATIC」に、2リッター直列4気筒直噴ターボ(381ps)をメルセデスAMG GLA45 4MATICにそれぞれ搭載するとともに、184psを発生する2リッター直列4気筒直噴ターボを新たに設定し、「GLA220 4MATIC」に採用。駆動方式はGLA180がFF、それ以外は4WDとなる。トランスミッションは全車ともデュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。

安全装備は、緊急ブレーキ機能の「アクティブブレーキアシスト」と、ドライバーの眠気や疲労を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を全車に標準装備。また、渋滞追従機能を備えたレーダークルーズコントロールの「ディスタンスパイロット・ディストロニック」、ドアミラーの死角をレーダーによってモニターする「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をドライバーに知らせる「レーンキーピングアシスト」などを含む「レーダーセーフティーパッケージ」を設定している。また、駐車の際にステアリング操作を自動的に行う「パーキングパイロット」も用意する。

GLAには新車購入から3年間のメンテナンスプログラム「メルセデス・ケア」が無償で付帯するが、地図ソフトの無償更新回数が増え、インフォテインメントシステム「COMAND」のソフトウエアアップデートが無償になるなど、そのサービス内容が充実しているのも見逃せないポイントだ。

新型GLAのラインナップと価格は以下のとおり。なお、GLA220 4MATICは2017年9月以降の発売となる。

  • GLA180:398万円
  • GLA220 4MATIC:449万円
  • GLA250 4MATIC(受注生産):513万円
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC:792万円

(文=生方 聡/写真=webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.29 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」のマイナーチェンジに合わせて、ホットモデルの「AMG GLA45 4MATIC」も最新型へと進化。主な変更点である外装デザインの確認も早々に、リポーターは雨中のドライブに出発。その運動性能をつぶさにチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
ホームへ戻る