第405回:スーザン史子がおばあちゃんに!?
マツダ安全取材会に参加して

2017.04.22 エディターから一言
 
第405回:スーザン史子がおばあちゃんに!?マツダ安全取材会に参加しての画像

衝突被害軽減ブレーキやAT誤発進抑制制御など、昨今話題に上ることの多い先進安全装備だが、試してみる機会は少ない。機器を信用してはいても、実際に衝突(のふり)をさせたり、誤発進(のふり)を試みるのは勇気のいることだ。そこでマツダが「ウチの自慢の装備でぜひ」と持ち上がったのが、今回の「マツダ安全取材会」。その一部始終をリポートする。

マツダが先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備化すると発表した新世代商品群の5車種。「ロードスター」は車高が低く、カメラやセンサーの取り付けられる高さに制限があるため、標準装備化はまだ準備中とのことだ。
マツダが先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備化すると発表した新世代商品群の5車種。「ロードスター」は車高が低く、カメラやセンサーの取り付けられる高さに制限があるため、標準装備化はまだ準備中とのことだ。
マツダの車両開発本部長の松本浩幸氏。マツダの考える安全性能の第一は、良好な操作性や視界の確保により、ドライバーが安心している状態をつくり、事故を起こしづらい環境を整えることだと語った。
マツダの車両開発本部長の松本浩幸氏。マツダの考える安全性能の第一は、良好な操作性や視界の確保により、ドライバーが安心している状態をつくり、事故を起こしづらい環境を整えることだと語った。
マツダの統合システム開発本部 電子開発部長の池田利文氏は、松本氏の話した「事故を起こしづらい環境を整えること」について具体的に説明。例えば視界確保のためには、ヘッドアップディスプレイの採用などにより、視線をなるべく動かさずに必要な情報を確認できるようにするなどの工夫が重ねられている。
マツダの統合システム開発本部 電子開発部長の池田利文氏は、松本氏の話した「事故を起こしづらい環境を整えること」について具体的に説明。例えば視界確保のためには、ヘッドアップディスプレイの採用などにより、視線をなるべく動かさずに必要な情報を確認できるようにするなどの工夫が重ねられている。

クルマ全体を根本から見直した商品開発

マツダは2017年3月13日、日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うことを発表した。

今回、標準化する装備は、日常で起こりうる事故の未然防止と被害軽減を目的とした「衝突被害軽減ブレーキ」、オートマチック車のペダル踏み間違いによる事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、車線変更時に斜め後方に存在する車両を知らせる「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し、接触の危険を知らせる「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」の4つ。

また、マツダでは2012年以降に発売した新世代商品、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5車種において、「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」という安全思想のもと、クルマ全体を根本から見直した商品開発を行ってきた。その結果、ドライビングポジションや前方視界、操縦安定性などがさらに良くなっているという。

そこで、この発表を機に、自動車媒体やジャーナリストを集めてのマツダ安全取材会が初めて開催された。

あなたにおすすめの記事
新着記事