ジャガーXF、新デザインの2012年モデル発売

2011.09.27 自動車ニュース

「ジャガーXF」、新デザインの2012年モデル発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミドルクラススポーツセダン「XFシリーズ」の2012年モデルを2011年11月5日に発売する。

内外装に変更を加えられた「ジャガーXFシリーズ」が、2012年モデルとして新たに発売される。

最大の変更点は、フロント周りのデザイン。今回から、にらみの利いたヘッドランプなどが採用され、顔つきは上級モデル「XJシリーズ」に似たものとされた。
あわせて、ガーニッシュなどリア周りの意匠も変更。インテリアについても、ステアリングホイールやセンターコンソールのスイッチパネルのデザインなどが新しくなっている。

価格は以下の通り。(カッコ内は2011年モデルとの差額)
・XF 3.0 ラグジュアリー:595万円(−55万円)
・XF 3.0 プレミアムラグジュアリー:694万円(−66万円)
・XF 5.0 プレミアムラグジュアリー:829万円(−66万円)
・XFR:1200万円(据え置き)

(webCG 関)

「ジャガーXFR」(2012年モデル)
「ジャガーXFR」(2012年モデル)
こちらは、従来型の「ジャガーXF」。カッと見開いたようなヘッドランプが特徴だった。
こちらは、従来型の「ジャガーXF」。カッと見開いたようなヘッドランプが特徴だった。
2012年モデルでは、フロント周りのデザインが最上級サルーン「XJ」(写真)に似たものに改められた。
2012年モデルでは、フロント周りのデザインが最上級サルーン「XJ」(写真)に似たものに改められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る