ジャガーXF、新デザインの2012年モデル発売

2011.09.27 自動車ニュース

「ジャガーXF」、新デザインの2012年モデル発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミドルクラススポーツセダン「XFシリーズ」の2012年モデルを2011年11月5日に発売する。

内外装に変更を加えられた「ジャガーXFシリーズ」が、2012年モデルとして新たに発売される。

最大の変更点は、フロント周りのデザイン。今回から、にらみの利いたヘッドランプなどが採用され、顔つきは上級モデル「XJシリーズ」に似たものとされた。
あわせて、ガーニッシュなどリア周りの意匠も変更。インテリアについても、ステアリングホイールやセンターコンソールのスイッチパネルのデザインなどが新しくなっている。

価格は以下の通り。(カッコ内は2011年モデルとの差額)
・XF 3.0 ラグジュアリー:595万円(−55万円)
・XF 3.0 プレミアムラグジュアリー:694万円(−66万円)
・XF 5.0 プレミアムラグジュアリー:829万円(−66万円)
・XFR:1200万円(据え置き)

(webCG 関)

「ジャガーXFR」(2012年モデル)
「ジャガーXFR」(2012年モデル)
こちらは、従来型の「ジャガーXF」。カッと見開いたようなヘッドランプが特徴だった。
こちらは、従来型の「ジャガーXF」。カッと見開いたようなヘッドランプが特徴だった。
2012年モデルでは、フロント周りのデザインが最上級サルーン「XJ」(写真)に似たものに改められた。
2012年モデルでは、フロント周りのデザインが最上級サルーン「XJ」(写真)に似たものに改められた。
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る