マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売

2017.04.20 自動車ニュース

マツダは2017年4月20日、コンパクトカー「デミオ」の全グレードに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、販売を開始した。

同社は、日本国内で販売する、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」を対象に、i-ACTIVSENSEの標準装備化を2017年度中に行うことを公表しており、今回のデミオは、その第1弾となる。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。

価格は、138万2400円(15C:FF)から224万6400円(XDツーリングLパッケージ:4WD)まで。

(webCG)
 

「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ(FF)」
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ(FF)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る