マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売

2017.04.20 自動車ニュース

マツダは2017年4月20日、コンパクトカー「デミオ」の全グレードに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、販売を開始した。

同社は、日本国内で販売する、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」を対象に、i-ACTIVSENSEの標準装備化を2017年度中に行うことを公表しており、今回のデミオは、その第1弾となる。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。

価格は、138万2400円(15C:FF)から224万6400円(XDツーリングLパッケージ:4WD)まで。

(webCG)
 

「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ(FF)」
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ(FF)」拡大

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る