webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)

チューナー泣かせ 2017.04.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。

フィアットとの違いを強調

「フィアット500」系のアバルトにマイナーチェンジが施された。一番のトピックは、3桁の数字が595に統一されたことである。595とは、アバルト社が独立したレーシングカーコンストラクターだった時代、バックしているのかと思うほど遅かった(『ルパン三世』でおなじみの)空冷2気筒OHVのフィアット500をチューンしたそのモデル名に由来する。

今回の変更で、標準グレードの「アバルト500」も、「アバルト595」と名乗るようになった。フィアット500シリーズとの差別化を明確にして、アバルトのプレゼンスを高めるための“世界戦略”である。

試乗したのは、最も高性能なコンペティツィオーネ。この下の「ツーリズモ」と、素の「595」は今度のフェイスリフトでパワーを微増させたが、コンペティツィオーネのエンジンは変わっていない。とはいえ、1.4リッター4気筒ターボから180psを絞り出すハイチューンはツーリズモ(165ps)以下に差をつける。

振り返ると、160psでスタートしたコンペティツィオーネが180psになったのは1年前だ。180psといえば、2010年に世界限定1696台で登場し、日本では真っ先にイチロー選手が購入した、あの「695トリブート フェラーリ」と同じ出力である。間断なくブラッシュアップして、サソリ中毒から抜けがたくする。それが500系アバルトのやり方だ。

「アバルト595コンペティツィオーネ」のコックピット周辺部。マイナーチェンジを機に、カーボンインサート付きのレザー/アルカンターラステアリングホイールが採用された。
「アバルト595コンペティツィオーネ」のコックピット周辺部。マイナーチェンジを機に、カーボンインサート付きのレザー/アルカンターラステアリングホイールが採用された。拡大

TFT液晶タイプのメーターパネル。新たにGメーターが表示できるようになった。


	TFT液晶タイプのメーターパネル。新たにGメーターが表示できるようになった。
	拡大
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力180ps、最大トルク230Nmを発生。赤いヘッドカバーやターボチャージャー(写真手前)が目を引く。
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力180ps、最大トルク230Nmを発生。赤いヘッドカバーやターボチャージャー(写真手前)が目を引く。拡大
ドア後方のボディーサイドには、数字の595とサソリをかたどったエンブレムがあしらわれる。
ドア後方のボディーサイドには、数字の595とサソリをかたどったエンブレムがあしらわれる。拡大

レーシングカー並みの“硬さ”

500系アバルトに乗るのは、1年半ぶり。190psユニットにドグリングミッションを組み合わせた「695ビポスト」以来である。常備モデルの595コンペティツィオーネには、もちろんリアシートもエアコンも付いているが、乗り手に感じさせる“ハジけかた”は、国内10台限定だった「695ビポスト フルスペック仕様」とそうそう変わらない。

走りだしのファーストタッチでまず驚くのは、グレード名どおりのレーシングライクな乗り心地である。専用の17インチホイールに履くのは、205/40の「ピレリPゼロ ネロ」。KONIのダンパーで締め上げられた足まわりは、「バネ、付け忘れたの!?」と思わせる硬さだ。運転しながら口笛を吹くと、ヴィブラートがかかる。

といっても、ズシンとしたアンコ型ではなく、軽くて、硬い。ボディー剛性も、ノーマル500とは異次元に強固だから、不愉快な硬さではない。個人的には全然嫌いではない。でも、「ランチア・デルタHFインテグラーレEVO2」をマイカーにしている編集部Sさんは、「体にきますね」とあきれていた。

コンペティツィオーネには、サイドサポートの峰が高いサベルト製スポーツシートが備わる。一部にアルカンターラを使い、とても上等に見える。これが、硬い乗り心地を和らげてくれる、なんて思ったら大間違いで、シートも硬い。サポート性はあるが、クッション性はない。座り心地のレーシーさは「ロータス・エリーゼ」のシート並みである。

フロントバンパーは、従来よりもアグレッシブなデザインのものに変更。LED式のデイランプも新たに装着された。
フロントバンパーは、従来よりもアグレッシブなデザインのものに変更。LED式のデイランプも新たに装着された。拡大
Sabelt製のヘッドレスト一体型スポーツシート。表皮はレザーとアルカンターラのコンビとなる。
Sabelt製のヘッドレスト一体型スポーツシート。表皮はレザーとアルカンターラのコンビとなる。拡大
ダッシュボードの助手席側には、従来のオープントレイに代えて、ふた付きのグラブボックスが設置された。
ダッシュボードの助手席側には、従来のオープントレイに代えて、ふた付きのグラブボックスが設置された。拡大
荷室の様子。50:50分割可等式の後席を前方に倒すことで、積載容量を拡大できる。
荷室の様子。50:50分割可等式の後席を前方に倒すことで、積載容量を拡大できる。拡大

ヤンチャな挙動も魅力

車重1120kgに180ps。595コンペティツィオーネが速いのは当然だ。
試乗車は500系アバルトの2ペダル変速機としてすでにおなじみの“アバルト・コンペティツィオーネ”を備える。シフトレバーはなく、代わりに4つのプッシュボタンがダッシュパネルに付く。

積極的に走りたいときは、キックダウンもシフトアップもしないMTモードを使うに限る。ATモードの自動変速は過不足ないが、かといってデュアルクラッチのようにスピーディーではない。MTモードでシフトパドルを使って変速をすべて自分でやると、シングルクラッチ自動MTとしては上出来のスポーツ性能を発揮する。

ダッシュボードにあるSPORTボタンを押すと、計器パネルが赤くなり、露骨にスロットルペダルの“つき”がよくなる。フル加速時にはオーバーブーストが働き、変速マナーもスポーティーになる。そうやってパワートレインにファイティングポーズを取らせて、ワインディングロードを駆けるのが、このクルマのマジックアワーである。

まったくたわみ感のないサスペンションがもたらすコーナリングは、まさにカート感覚だ。LSDの影響か、コーナーの頂点ではステアリングが巻き込まれるような挙動をみせたり、立ち上がりではトルクステアに見舞われたりするが、そうしたヤンチャさと渡り合うのもコンペティツィオーネの魅力である。

「アバルト595」シリーズの中で上位モデルとなる「595コンペティツィオーネ」には、「Record Monza」と名付けられたハイパフォーマンスエキゾーストシステムが与えられる。
「アバルト595」シリーズの中で上位モデルとなる「595コンペティツィオーネ」には、「Record Monza」と名付けられたハイパフォーマンスエキゾーストシステムが与えられる。拡大
センターコンソールのシフトセレクター。「595コンペティツィオーネ」のAT車では、ニュートラルやリバースへのシフトはボタン操作で行う。
センターコンソールのシフトセレクター。「595コンペティツィオーネ」のAT車では、ニュートラルやリバースへのシフトはボタン操作で行う。拡大
ダッシュボード上に備わるタコメーター。中央に見える「SPORT」の文字は、スポーツモード選択中であることを示す。
ダッシュボード上に備わるタコメーター。中央に見える「SPORT」の文字は、スポーツモード選択中であることを示す。拡大

マイナーチェンジ後の「595コンペティツィオーネ」に備わる、新デザインの17インチアロイホイール。テスト車には、「ピレリPゼロ ネロ」が組み合わされていた。


	マイナーチェンジ後の「595コンペティツィオーネ」に備わる、新デザインの17インチアロイホイール。テスト車には、「ピレリPゼロ ネロ」が組み合わされていた。
	拡大

もはやいじる余地はない

今度のフェイスリフトでは、シリーズ全モデルのフロントグリルに、“ABARTH”の浮き文字が入った。ただ、せっかく入った表札もナンバープレートでほとんど隠れてしまうのが残念である。

ボディー内外のあちこちに、サソリのエンブレムが配される。外側だけでも、数えたら9匹いた。リアライトの形状は、新たにAの字型に変わった。

後席へのアクセス時に前席背もたれを倒す赤いレバーは、レーシングカーのキルスイッチを模している。エンジンフードをめくると、左手前にギャレット製のターボチャージャーがある。いまどきこれだけターボ本体がよく見えるクルマも珍しい。

やけどしそうなほどアツいエンジンといい、スパルタンきわまる足まわりといい、数々の仕掛けやくすぐりといい、595コンペティツィオーネは、メーカー純正のチューニングカーである。
メーカーのできない大人げないことをやるのが、かつてのアバルト社のような独立系ファクトリーの仕事だったのに、これではもう、彼らの出る幕もなければ、生き残る余地もないだろうな、という、妙な感心をさせてくれるアバルト595コンペティツィオーネなのだった。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰 昌宏/編集=関 顕也)

デザインが変更されたリアコンビランプ。その輪郭はアバルトの頭文字である「A」を思わせる。


	デザインが変更されたリアコンビランプ。その輪郭はアバルトの頭文字である「A」を思わせる。
	拡大
カーボンシェルを持つSabelt製スポーツシート(前席)の背後には、まるでキルスイッチのような赤いレバーが。後席への乗り込みに際して、前席の背もたれを前方に倒すためのものである。
カーボンシェルを持つSabelt製スポーツシート(前席)の背後には、まるでキルスイッチのような赤いレバーが。後席への乗り込みに際して、前席の背もたれを前方に倒すためのものである。拡大
新たに設けられたカップホルダー。手前には、USBやAUXのコネクターが備わる。
新たに設けられたカップホルダー。手前には、USBやAUXのコネクターが備わる。拡大
今回の試乗では、トータルで270kmを走行。燃費は満タン法で10.1km/リッターを記録した。
今回の試乗では、トータルで270kmを走行。燃費は満タン法で10.1km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

アバルト595コンペティツィオーネ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3660×1625×1505mm
ホイールベース:2300mm
車重:1120kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:5段AT
最高出力:180ps(132kW)/5500rpm
最大トルク:230Nm(23.5kgm)/2000rpm ※SPORTスイッチ使用時は250Nm(25.5kg)/3000rpm
タイヤ:(前)205/40ZR17 84W/(後)205/40ZR17 84W(ピレリPゼロ ネロ)
燃費:13.4km/リッター(JC08モード)
価格:381万2400円/テスト車=417万4200円
オプション装備:スペシャルソリッドカラー<Giallo Modena>(5万4000円) ※以下、販売店オプション アバルトオリジナルETC車載器(1万2960円)/パイオニア・カロッツェリアAVIC-CZ900(29万4840円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1012km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:272.8km
使用燃料:27.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.1km/リッター(満タン法)/11.0km/リッター(車載燃費計計測値)

アバルト595コンペティツィオーネ
アバルト595コンペティツィオーネ拡大
エンジンルームのすき間から、ギャレット製のターボチャージャーが顔をのぞかせる。
エンジンルームのすき間から、ギャレット製のターボチャージャーが顔をのぞかせる。拡大
エンジンフードの一部には、エンジンの排熱対策用に耐熱シートが添えられる。
エンジンフードの一部には、エンジンの排熱対策用に耐熱シートが添えられる。拡大
後席の定員は2人。前席と同様に、レザーとアルカンターラで仕立てられている。
後席の定員は2人。前席と同様に、レザーとアルカンターラで仕立てられている。拡大
「595コンペティツィオーネ」のアクセルペダル(写真右)とブレーキペダル(同左)。後者はサソリのレリーフで飾られる。
「595コンペティツィオーネ」のアクセルペダル(写真右)とブレーキペダル(同左)。後者はサソリのレリーフで飾られる。拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com