ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入

2017.04.20 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」
「ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」

ポルシェ ジャパンは2017年4月19日、「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」の予約受け付けを開始した。

「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」
「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」
 
ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入の画像

パナメーラ ターボS E-ハイブリッドは、4リッターV8ツインターボエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた、「パナメーラ」シリーズの最上級グレードであり、2017年のジュネーブモーターショーにおいて世界初公開された。

通常モデルに加えてホイールベースを150mm延長した「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」も用意されており、ハンドル位置は両モデルともに右と左の両方が用意されている(ただし左ハンドル車の予約受注は4月26日までの期間限定)。

価格は以下の通り。
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド:2831万円
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ:3044万円

(webCG)

 

関連キーワード:
パナメーラポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
ホームへ戻る