ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入

2017.04.20 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」
「ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」

ポルシェ ジャパンは2017年4月19日、「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」の予約受け付けを開始した。

「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」
「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」
 
ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入の画像

パナメーラ ターボS E-ハイブリッドは、4リッターV8ツインターボエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた、「パナメーラ」シリーズの最上級グレードであり、2017年のジュネーブモーターショーにおいて世界初公開された。

通常モデルに加えてホイールベースを150mm延長した「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」も用意されており、ハンドル位置は両モデルともに右と左の両方が用意されている(ただし左ハンドル車の予約受注は4月26日までの期間限定)。

価格は以下の通り。
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド:2831万円
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ:3044万円

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.20 試乗記 車名の「ペルフォルマンテ」とは、英語でいう「パフォーマンス」の意。アクティブ・エアロダイナミクス・システムを得て、さらなる速さを手に入れたニューモデル「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」の実力を、鈴鹿サーキットで解き放った。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
ホームへ戻る