「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」登場

2017.04.21 自動車ニュース
「三菱デリカD:5アクティブギア」
「三菱デリカD:5アクティブギア」

三菱自動車は2017年4月21日、ミニバン「デリカD:5」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。また、特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を同年4月27日に発売すると発表した。

「デリカD:5アクティブギア」(「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」装着車)
「デリカD:5アクティブギア」(「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」装着車)

SUVらしい力強さを強調した特別仕様車が登場

今回の改良では、これまで「Gプレミアム」「Dプレミアム」のみに装備されていた「ACパワーサプライ(AC100V)」を、「M」を除く全グレードで標準化。またシルバー系のボディーカラーを、従来の「クールシルバーメタリック」から、より輝度の高い新色「スターリングシルバーメタリック」に変更した。価格は240万8400円から405万5400円。

同時に発表されたアクティブギアは、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したという内外装が特徴の特別仕様車である。

エクステリアではフォグランプベゼルとウインカー付き電動格納式リモコンドアミラーをオレンジとしたほか、フロントグリル、前後バンパーアンダーカバーをダイヤモンドブラックマイカ、18インチアルミホイールをブラックでペイント。また、ボディーサイドに専用ピンストライプと『デリカD:5』イラストのデカール  、テールゲートに「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着した。

ボディーカラーは、モノトーンが「ダイヤモンドブラックマイカ」の1種類、ツートーンが「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」と、有償で用意されるアクティブギア専用色の「ウォームホワイトパール/ダイヤモンドブラックマイカ」の2種類となっている。

一方インテリアでは、シートの座面と背もたれをスエード調人工皮革としたほか、アッパーグローブボックスや本革巻きステアリングホイールなど、各所にピアノブラック塗装やオレンジの装飾などを採用している。

さらに内外装の装飾パーツからなる「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」も、アクティブギア専用の販売店オプションとして用意している。オプジョンの内容は以下の通り。

  • ダイヤモンドブラックマイカにオレンジの「DELICA」ロゴが入ったフロントバンパープロテクター
  • オレンジのサイドガーニッシュ
  • ダイヤモンドブラックマイカとオレンジのリアディフレクター
  • 「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカール
  • 専用フロアマット(ブラック&オレンジ)

価格はメモリーナビゲーションシステム搭載車が393万6600円、非搭載車が376万3800円。オプションのACTIVE GEARコンプリートパッケージは18万4075円(本体価格16万3404円、参考取り付け工賃2万0671円)。

(webCG)
 

関連記事
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • 「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」登場 2017.4.21 自動車ニュース 「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」が登場。SUVライクな力強さや、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したという内外装が特徴で、さらにアウトドアのイメージを高める「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」も用意されている。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る