「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」登場

2017.04.21 自動車ニュース
「三菱デリカD:5アクティブギア」
「三菱デリカD:5アクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年4月21日、ミニバン「デリカD:5」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。また、特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を同年4月27日に発売すると発表した。

「デリカD:5アクティブギア」(「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」装着車)
「デリカD:5アクティブギア」(「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」装着車)拡大

SUVらしい力強さを強調した特別仕様車が登場

今回の改良では、これまで「Gプレミアム」「Dプレミアム」のみに装備されていた「ACパワーサプライ(AC100V)」を、「M」を除く全グレードで標準化。またシルバー系のボディーカラーを、従来の「クールシルバーメタリック」から、より輝度の高い新色「スターリングシルバーメタリック」に変更した。価格は240万8400円から405万5400円。

同時に発表されたアクティブギアは、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したという内外装が特徴の特別仕様車である。

エクステリアではフォグランプベゼルとウインカー付き電動格納式リモコンドアミラーをオレンジとしたほか、フロントグリル、前後バンパーアンダーカバーをダイヤモンドブラックマイカ、18インチアルミホイールをブラックでペイント。また、ボディーサイドに専用ピンストライプと『デリカD:5』イラストのデカール  、テールゲートに「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着した。

ボディーカラーは、モノトーンが「ダイヤモンドブラックマイカ」の1種類、ツートーンが「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」と、有償で用意されるアクティブギア専用色の「ウォームホワイトパール/ダイヤモンドブラックマイカ」の2種類となっている。

一方インテリアでは、シートの座面と背もたれをスエード調人工皮革としたほか、アッパーグローブボックスや本革巻きステアリングホイールなど、各所にピアノブラック塗装やオレンジの装飾などを採用している。

さらに内外装の装飾パーツからなる「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」も、アクティブギア専用の販売店オプションとして用意している。オプジョンの内容は以下の通り。

  • ダイヤモンドブラックマイカにオレンジの「DELICA」ロゴが入ったフロントバンパープロテクター
  • オレンジのサイドガーニッシュ
  • ダイヤモンドブラックマイカとオレンジのリアディフレクター
  • 「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカール
  • 専用フロアマット(ブラック&オレンジ)

価格はメモリーナビゲーションシステム搭載車が393万6600円、非搭載車が376万3800円。オプションのACTIVE GEARコンプリートパッケージは18万4075円(本体価格16万3404円、参考取り付け工賃2万0671円)。

(webCG)
 

関連キーワード:
デリカD:5三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱が「デリカD:5」を一部改良 特別仕様車「ジャスパー」も発売 2018.4.26 自動車ニュース 三菱がミニバンの「デリカD:5」を一部改良。フロントマスクをバンパープロテクター付きのより力強いデザインに変更した。同時に、夏のアウトドアレジャーをイメージした特別仕様車「ジャスパー」も設定。こちらは2018年5月17日の発売予定となっている。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • テーマは“夏のヴァカンス”、「ルノー・カングー」の限定車発売 2018.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年5月13日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、同年5月24日に200台の台数限定で発売すると発表した。“フレンチアルプスの山と空”をイメージしたという2色の特別なボディーカラーを特徴としている。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • この変化を喜ぶべきか? 哀しむべきか?
    「ホンダ・モンキー」が“125”になって捨てたもの
    2018.5.7 デイリーコラム どこもかしこも丸っこくて、“寸詰まり”の(失礼!)ルックスが魅力だったレジャーバイク「ホンダ・モンキー」が、125ccのエンジンを得て復活! 時代の要望に答え、ずいぶんビッグになったモンキーを、私たちファンはどう受け止めるべきなのか……。
ホームへ戻る