第406回:トレンドはクロスオーバーと電動化!
上海ショーの会場から中国市場の今を読み解く

2017.04.25 エディターから一言
中国市場で高い人気を誇る、フォルクスワーゲンのプレスカンファレンスの様子。
中国市場で高い人気を誇る、フォルクスワーゲンのプレスカンファレンスの様子。

世界最大の自動車マーケットである中国では、北京と上海で毎年交互にモーターショーが行われる。今年の開催は、4月19日に開幕した上海ショーだ。世界中のメーカーが鎬(しのぎ)を削る、世界最大市場の動向を反映するショーの様子をリポートする。

会場となった国家会展中心の様子。
会場となった国家会展中心の様子。
中国における日系メーカーの中で、最も高いシェアを誇る日産。今回のショーではSUVに力を注いでいた。
中国における日系メーカーの中で、最も高いシェアを誇る日産。今回のショーではSUVに力を注いでいた。

複雑な中国市場のメーカー事情

中国の自動車マーケットは世界一だ。2016年は2800万台もクルマが売れた。鈍化したとはいえ、前年比で約14%のアップ。「中国の成長は終わりだ」という意見もあるが、自動車マーケットに関していえば、まだまだ先進国とは別次元の勢いがある。そんな市場であるから、日本だけでなく欧州やアメリカからも自動車メーカーが参戦。地元の民族系ブランドもあわせて、世界最多のブランドが鎬を削る激戦区となっている。今年の上海モーターショーでは、自動車メーカーのプレスカンファレンスだけでも2日間で106も開催された。それだけのブランドが、このマーケットには存在しているのだ。

その中国市場のシェアは、地元民族系が45%ほど、欧州系が20%、日系が15%、アメリカ系が12%、残り8%が韓国ブランドとなっている。欧州ではドイツ系が圧倒的で、フォルクスワーゲンとアウディの人気が高い。日系では日産がトップで、2位をトヨタとホンダが争うという状況。アメリカは、GMのシボレーとビュイック、フォードが有力ブランドだ。ちなみに完全輸入となるフェラーリやポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ロールス・ロイスという超高級ブランドも、中国市場は大のお得意さま。それぞれに大きなブースを構えており、一般公開日は恐ろしいほどの観客を集めるのだ。

また、地元資本のブランドにも2種類あるのが中国の特徴だ。実は外国ブランドが中国でクルマを生産するには、地元資本と提携しなければならない。しかも、地元資本は独自ブランドの自動車を生産しているところばかり。そのため、外国ブランド車は、そのブランドのブースだけでなく、生産を担当する地元資本ブランドのブースにも展示されていたりする。一方で、外国ブランドと提携せずに独自路線を進む民族系中国ブランドもある。提携ブランドは、第一汽車、上海汽車、北京汽車、東風汽車、広州汽車などの大手が中心だ。そして独自路線の民族系の代表格が、DYB(もともと電池メーカー)やジーリー(ボルボを買収した会社)、チェリーなどとなる。

あなたにおすすめの記事
新着記事