第499回:大矢アキオの上海ショー2017
プレミアム化&エレキ化する巨龍・中国

2017.04.28 マッキナ あらモーダ!

“中国版レクサス”続々登場!

上海モーターショーが2017年4月23日に開幕した。同ショーが開催されるのは、今回で17回目。2年前の2015年と同様、虹橋空港に近い西郊の新しい施設「国家会展中心」を舞台に開催された。

規模としては前回と同様で、16あるパビリオンのうち、そのほとんどにあたる13棟が使用されている。今回の実績はまだ発表されていないので、2015年のデータを引用すると、展示面積は35万平方メートル。出展者の数も前回とほぼ同じで、2000に迫るものと思われる。

今回目についたのは、海外メーカーとの合弁ではない、いわば純粋な中国系メーカーが元気なことである。彼らの多くは、グループ内におけるプレミアムブランドを強くアピールした。いわば中国版レクサス/インフィニティである。

ただし、その多くが、いわゆるオヤジ仕様でないところがミソだ。吉利が立ち上げた「Link & Co」は、ミレニアル世代(2000年以降に成人、あるいは社会人になった世代)をターゲットにしている。今回出展した新型SUV「01」(左写真)で、中国国内はもとより欧米市場も狙うという。

「アイコニック」は、アラン・ウー氏が立ち上げた新興EVメーカーだ。同じくウー氏が設立メンバーを務めるドバイの「Wモータース」と共同でスタンドを出した。社内デザインとされる「セブン」は、ワンボックスカーとしては非常にモダンかつスタイリッシュである。

ちなみに、上汽大通が2011年から使用しているシリーズ名には「LEXUS」ならぬ「MAXUS」というのがあって、なんとまあ書体までもがどことなく似ているが、こちらはプレミアムブランドではない。

上海を拠点とする電気自動車(EV)のスタートアップ企業「NIO」がディスプレイした、スーパースポーツ「EP9」。2016年に米テキサスのサーキットで、自動運転により最高速160mph(約256km/h)を記録した。
上海を拠点とする電気自動車(EV)のスタートアップ企業「NIO」がディスプレイした、スーパースポーツ「EP9」。2016年に米テキサスのサーキットで、自動運転により最高速160mph(約256km/h)を記録した。
福田汽車のプレミアムブランドで、かつてのドイツ車のブランド名を使用しているボルクヴァルト。これはその新型SUV「BXi7」。2016年に発売した「BX7」のEV版である。
福田汽車のプレミアムブランドで、かつてのドイツ車のブランド名を使用しているボルクヴァルト。これはその新型SUV「BXi7」。2016年に発売した「BX7」のEV版である。
吉利が立ち上げた「Link & Co」は“ミレニアル世代”をターゲットにした新ブランド。この新型SUV「01」で中国国内はもとより、欧米市場も狙う。
吉利が立ち上げた「Link & Co」は“ミレニアル世代”をターゲットにした新ブランド。この新型SUV「01」で中国国内はもとより、欧米市場も狙う。
「アイコニック」はアラン・ウー氏による新興EVメーカー。同じくウー氏が設立メンバーを務めるドバイの「Wモータース」と共同でブースを出展した。写真の「セブン」は、ワンボックスカーとしてはかなりモダン。
「アイコニック」はアラン・ウー氏による新興EVメーカー。同じくウー氏が設立メンバーを務めるドバイの「Wモータース」と共同でブースを出展した。写真の「セブン」は、ワンボックスカーとしてはかなりモダン。
レクサスを連想させる、上汽大通のレジャーカーブランド「MAXUS(マクサス)」。写真はプレスカンファレンスの様子。
レクサスを連想させる、上汽大通のレジャーカーブランド「MAXUS(マクサス)」。写真はプレスカンファレンスの様子。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事