月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』
SUBARUのルーツ、中島飛行機の秘密に迫る!

2017.04.26 From Our Staff
東京・恵比寿の本社で行われたSUBARUへの社名変更記念式典より。新しい社名が刻まれたプレートと、吉永泰之社長。
東京・恵比寿の本社で行われたSUBARUへの社名変更記念式典より。新しい社名が刻まれたプレートと、吉永泰之社長。

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキングなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。今月のテーマは、ずばりスバルです。2017年4月1日、富士重工業がSUBARU(スバル)へと社名変更をしました。5月号では、そのルーツである中島飛行機について、ライターの鈴木真人さんが解説します。

それでは、今月号の内容をご紹介します。
------------------------------------
 

ニューヨーク国際ショーで公開された3列7人乗りのコンセプトカー「スバル・アセントSUVコンセプト」。北米市場への導入は2018年の予定。
ニューヨーク国際ショーで公開された3列7人乗りのコンセプトカー「スバル・アセントSUVコンセプト」。北米市場への導入は2018年の予定。
上海モーターショーで公開されたマイナーチェンジ版の「レクサスNX」。より鋭さを増したフロントマスクが特徴的。
上海モーターショーで公開されたマイナーチェンジ版の「レクサスNX」。より鋭さを増したフロントマスクが特徴的。
新生スバルの新型車第1弾となった2代目「スバルXV」。内外装の刷新に加えて、悪路走破性能や安全性能など、全方位的に進化を遂げている。
新生スバルの新型車第1弾となった2代目「スバルXV」。内外装の刷新に加えて、悪路走破性能や安全性能など、全方位的に進化を遂げている。

【Specialコラム】
2017年4月1日にスバルへと社名変更した富士重工業の、さらに前身である中島飛行機。もともと航空機を製造していた中島飛行機が、どのような経緯をもって自動車メーカーへと転身を遂げたのか。webCGでもおなじみのライター、鈴木真人さんがその歴史をひも解きます。実は“ゼロ戦”もつくっていた? 日産とスバルは親戚の関係?

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のアクセスランキングを通して、この1カ月の自動車業界の動向をおさらいします。
ニューヨーク国際オートショーや上海モーターショーなどで、注目モデルの発表が相次いだこの4月。日本勢では「レクサスNX」のマイナーチェンジ版や、スバルが現在開発を進めている3列シート7人乗りSUVのコンセプトカー「アセントSUVコンセプト」などがちまたをにぎわせました。試乗記についても、ニューモデルの「メルセデス・ベンツGLCクーペ」や新型「スバルXV」など、人気必至のさまざまなモデルが登場。どんなクルマがランキングに入ってくるのか、ぜひご注目ください!


------------------------------------

『月刊webCG通信』の申し込みは、メールアドレスを記入するだけ。従来の『webCG通信』読者の方には、もれなくお届けします。登録がまだの方は、この機会にぜひご登録を!

→メールマガジンのお申し込みはこちらから

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事