第407回:DSの「第2章」が始まる
ブランド統括責任者が語るこれからのDS

2017.04.28 エディターから一言
DSオートモビルのブランド統括責任者、エリック・アポド氏と「DS 5」。
DSオートモビルのブランド統括責任者、エリック・アポド氏と「DS 5」。

日本でも今年初めて専売店である「DSストア」がオープンするなど、新戦略が本格化するフレンチラグジュアリーブランドのDSオートモビル。この新生ブランドのキーマンのひとりであるDSオートモビルのブランド統括責任者、エリック・アポド氏が来日。webCGでは、わずかな時間ではあるが、アポド氏の単独インタビューの機会を得た。第2世代にステップを進め、大きな変化を遂げようとしているDSブランドの今、そして将来について伺った。

「DS 7クロスバック」
「DS 7クロスバック」
「DS 7クロスバック」
「DS 7クロスバック」
DSオートモビル正規販売店の日本国内1号店「DSストア滋賀」。2017年3月18日に営業を開始した。
DSオートモビル正規販売店の日本国内1号店「DSストア滋賀」。2017年3月18日に営業を開始した。
2017年4月29日には「DSストア名古屋」がオープンする。
2017年4月29日には「DSストア名古屋」がオープンする。

全6車種態勢を目指す

――今年3月に開催されたジュネーブショーでは、DS第2世代モデルの第1弾として、SUVの「DS 7クロスバック」が公開されました。新世代モデルのトップバッターがSUVかつラインナップの中で最も大きいモデルとなったことは、今後のDSラインナップでどのような意味を持つのでしょうか。やはりDSのフラッグシップはSUVとなるのですか。

エリック・アポド氏(以下、アポド):第2世代のトップバッターはDSで最もサイズが大きいSUVとなりましたが、これは開発の順番などの理由からであって、SUVがブランドのフラッグシップになるという意味ではありません。これからDSでは、BセグメントからDセグメントのクルマを発表していきますが、その中には、よりハイエンドなセダンも含まれています。今、皆さんがご覧になっているのは、新生DSのほんの始まりの部分だけなのです。新世代のDSモデルは、年に1台のペースで投入していき、最終的には、3つのセダンと3つのSUVで構成された6車種のラインナップが完成します。

――発表されたばかりのDS 7クロスバックですが、かなり先進的かつ豪華なSUVなようです。このように、今後DSブランド自体も、より豪華で高価なものに成長していくのでしょうか。

アポド:そうですね。DSは、明確にラグジュアリーブランドに属するものとなります。最新モデルのDS 7クロスバックは、欧州では、エントリーは3万ユーロ(約360万円)台からですが、最も高価な仕様になると6万ユーロ(約720万円)を超える価格となっています。もちろん、その内容は、これまでにない豪華な装備が含まれていますし、先進機能も積極的に投入されています。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
ホームへ戻る