第407回:DSの「第2章」が始まる
ブランド統括責任者が語るこれからのDS

2017.04.28 エディターから一言
DSオートモビルのブランド統括責任者、エリック・アポド氏と「DS 5」。
DSオートモビルのブランド統括責任者、エリック・アポド氏と「DS 5」。

日本でも今年初めて専売店である「DSストア」がオープンするなど、新戦略が本格化するフレンチラグジュアリーブランドのDSオートモビル。この新生ブランドのキーマンのひとりであるDSオートモビルのブランド統括責任者、エリック・アポド氏が来日。webCGでは、わずかな時間ではあるが、アポド氏の単独インタビューの機会を得た。第2世代にステップを進め、大きな変化を遂げようとしているDSブランドの今、そして将来について伺った。

「DS 7クロスバック」
「DS 7クロスバック」
「DS 7クロスバック」
「DS 7クロスバック」
DSオートモビル正規販売店の日本国内1号店「DSストア滋賀」。2017年3月18日に営業を開始した。
DSオートモビル正規販売店の日本国内1号店「DSストア滋賀」。2017年3月18日に営業を開始した。
2017年4月29日には「DSストア名古屋」がオープンする。
2017年4月29日には「DSストア名古屋」がオープンする。

全6車種態勢を目指す

――今年3月に開催されたジュネーブショーでは、DS第2世代モデルの第1弾として、SUVの「DS 7クロスバック」が公開されました。新世代モデルのトップバッターがSUVかつラインナップの中で最も大きいモデルとなったことは、今後のDSラインナップでどのような意味を持つのでしょうか。やはりDSのフラッグシップはSUVとなるのですか。

エリック・アポド氏(以下、アポド):第2世代のトップバッターはDSで最もサイズが大きいSUVとなりましたが、これは開発の順番などの理由からであって、SUVがブランドのフラッグシップになるという意味ではありません。これからDSでは、BセグメントからDセグメントのクルマを発表していきますが、その中には、よりハイエンドなセダンも含まれています。今、皆さんがご覧になっているのは、新生DSのほんの始まりの部分だけなのです。新世代のDSモデルは、年に1台のペースで投入していき、最終的には、3つのセダンと3つのSUVで構成された6車種のラインナップが完成します。

――発表されたばかりのDS 7クロスバックですが、かなり先進的かつ豪華なSUVなようです。このように、今後DSブランド自体も、より豪華で高価なものに成長していくのでしょうか。

アポド:そうですね。DSは、明確にラグジュアリーブランドに属するものとなります。最新モデルのDS 7クロスバックは、欧州では、エントリーは3万ユーロ(約360万円)台からですが、最も高価な仕様になると6万ユーロ(約720万円)を超える価格となっています。もちろん、その内容は、これまでにない豪華な装備が含まれていますし、先進機能も積極的に投入されています。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • シトロエンDS5シック(FF/6AT)【試乗記】 2012.7.22 試乗記 シトロエンDS5シック(FF/6AT)
    ……445万円

    スタイリングと実用性の類いまれなる融合例(!?)として目下話題の「シトロエンDS5」。見てよし、触れてよしの希代のクロスオーバーは、どんな走りの後味を残すのか。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
ホームへ戻る