第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ!
『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2017.04.28 読んでますカー、観てますカー

キューバでもストリートレース

ドム(ヴィン・ディーゼル)はレティ(ミシェル・ロドリゲス)と一緒にキューバの休日を楽しんでいた。前作ではアゼルバイジャンやアブダビでクルマを空に飛ばす「スカイミッション」を成し遂げて世界を救ったのだから、しばし優雅なバカンスを楽しんでもバチは当たらない。

キューバは有名な古いアメ車天国である。若者たちが自慢の愛車をチューンしてストリートレースを繰り広げている。革命政府が本当に西側の乱れた文化を許容しているのかは疑問だが、『ワイルド・スピード』の世界ではこれが日常なのだ。ビキニ姿の美女たちがナイスバディを見せつけるように踊る中、筋肉で武装した男たちが意地をかけてレースに挑む。

見物していたドムも巻き込まれてしまい、街一番の腕利きと対決することになった。彼が乗るのは“キューバ一速いクルマ”「フォード・カスタムライン」で、ドムに与えられたのは“キューバ一遅いクルマ”「シボレー・フリートライン」である。どちらも1950年代のクルマだから、実際にはたいしたスピードは出ないはずだ。ドムはシボレーのバンパーやフェンダーをはずして軽量化し、ニトロを仕込んで見事に勝利する。レースが終わればみんな仲間だ。ハイタッチを交わし、敵は親友になる。

シリーズのはじめから貫かれている世界観だ。ただ、ロサンゼルス近辺の狭い地域だけで物語が展開した第1作とはスケールが違う。活躍の舞台はワールドワイドに広がり、チンケなトラック強盗だったドムは世界的な陰謀に立ち向かうチームを率いている。第8作となる『ワイルド・スピード ICE BREAK』は、もはや新シリーズと言ってもいい。ブライアンがいないからだ。

© Universal Pictures
© Universal Pictures
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事