第1回:流行のメーカーカスタムや巨大な三輪バイクにも試乗!
輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)

2017.05.02 JAIA輸入二輪車試乗会2017
 
第1回:流行のメーカーカスタムや巨大な三輪バイクにも試乗!輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)の画像
 
第1回:流行のメーカーカスタムや巨大な三輪バイクにも試乗!輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)の画像

年に一度のお約束。2015年から始まったJAIA輸入二輪車試乗会は、第2回の昨年から2ブランド増えた10ブランドの最新モデルがそろいました。われわれwebCGチームは皆勤賞です。思い起こせば初年度は「春なのに」と叫ぶように歌わざるを得なかった冷たい雨が降り、2年目もまた午前中は小雨の中。やっぱり3年ですね。桃栗も石の上にもですよ。ようやくの快晴。こうでなくちゃオートバイは楽しめません。
そんなわけで今年も、webCG編集部員の自称“縄文体形”ホッタ青年と、“偏愛トラキチ”の関 顕也氏、そして“グッチマニア”の三浦孝明カメラマンとともに、極私的にお届けします。

「ハーレーダビッドソン・ロードスター カフェカスタム・コアパッケージ」(左)と「BMW R nineTレーサー」(右)。
「ハーレーダビッドソン・ロードスター カフェカスタム・コアパッケージ」(左)と「BMW R nineTレーサー」(右)。
「BMW R nineTレーサー」
「BMW R nineTレーサー」
 
第1回:流行のメーカーカスタムや巨大な三輪バイクにも試乗!輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)の画像
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2015×920×1105mm
ホイールベース:1491mm
重量:220kg
エンジン:1169cc 空冷4ストローク 水平対向2気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:110ps(81kW)/7750rpm
最大トルク:116Nm(11.8kgm)/6000rpm
価格:183万円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2015×920×1105mm
	ホイールベース:1491mm
	重量:220kg
	エンジン:1169cc 空冷4ストローク 水平対向2気筒 DOHC 4バルブ
	最高出力:110ps(81kW)/7750rpm
	最大トルク:116Nm(11.8kgm)/6000rpm
	価格:183万円

普遍的カフェレーサーのブーム再燃に必要なのは……
BMW R nineTレーサー×ハーレーダビッドソン・ロードスター カフェカスタム・コアパッケージ(その1)

「この2台は外してもいいですよ」。速やかな現場判断を旨とするホッタ青年がそう言ったのは、乗れるだけ乗った揚げ句、試乗会が終わったらスタッフ全員くたくたになった昨年までの轍(てつ)を踏みたくなかったからだ。学習は成長の種である。けれど、おなか回りを含め伸び盛りのホッタ青年の意向を遮るだけの理由があった。この2台が醸し出すのは、オートバイの普遍的魅力の体現。っていうか、単純にカッコよかったから。

ざっくり言えばカフェレーサー。60年代のロンドンの片隅に集まった若者たちが、「お前のヤツより速い」とか「オレのほうがカッコいい」と公道レーサー気取りでカスタマイズを競ったところから始まったやんちゃな流行は、やがて明確なスタイルを定め、世界中に広がり、繰り返しを常とするブームとなった。ビートルズみたいね。で、今回のJAIAではBMWとハーレーによって、過去何度目かわからないカフェレーサーの波が起きる事象を目の当たりにしたわけです。これは見逃せないでしょ。

まずはBMWの「R nineTレーサー」。伝統的なグラフィックをまとった白いボディーは王子専用の白馬のよう。同時期に発売された「R nineTピュア」の“カスタム版”で、低いハンドル&後退したステップ等々、カフェレーサーの文法を忠実に守りながら、BMWらしい生真面目なフィーリングは失っていない点に感銘を受けます。現実的に扱いやすいし、率直にキレイだなあと思うのです。

あなたにおすすめの記事
新着記事