第500回:大矢アキオの上海ショー2017
世界のモビリティーを変えていく!? 上海の最新乗り物事情

2017.05.05 マッキナ あらモーダ!

2年のうちに状況一変

前回は上海モーターショー2017の展示会場におけるトレンドをお伝えしたが、今回は、そんな上海の“街の話”をお届けしよう。

虹橋空港を降りたボクは、イタリアで予約しておいた貸しアパートに向かうべく、地下鉄2号線に乗った。繁華街のある静安寺駅で降りると、前回、2年前の2015年に訪れた時とは何だかムードが違う。

原因は、駅構内の広告だ。

2015年、さらにその前に訪れた2013年も、駅には自動車の広告があふれ、いかにもモーターショーが開催される街にやってきた感じ……米国をしのぐ世界一の自動車大国のモーターショーを見にきた感じがしたものだった。

ところがどうだ。静安寺駅に関していえば、クルマの広告はすっかり姿を消していた。代わりに壁面を占拠していたのは、「ofo」というバイクシェアリング(共亨単車)の広告だ。「小黄車」という中国語の説明の通り、広告写真の中で若い男女が楽しそうに乗っているのは、黄色い自転車である。

スーツケースを引きずりながら地上に出たボクの脇を、まさにofoに乗った女子がさっそうとすり抜けていった。

見回せば、あちこちにofoの自転車に乗る人々がいて、路上駐輪しているofoもある。さらに落ち着いて観察してみると、ほかにも「モバイク」「モバイク ライト」などと名付けられた、別のシェアリング用自転車が視界に入る。

2年前は、想像もできなかった光景である。「聞いてねェよー!」などと、思わず荒っぽい言葉でひとりごちた。

アパートの受付のお兄さんに部屋まで案内してもらうついでに聞いてみると、彼は家から職場までが近すぎるため、いまだ利用したことがないという。しかし「上海でバイクシェアリングが普及し始めたのは、去年(2016年)からです」と教えてくれた。2年ぶりに訪れたボクが知らないわけだ。

上海地下鉄2号線の静安寺駅にて。壁面に大きく貼られたシェアリング自転車「ofo」の広告。
上海地下鉄2号線の静安寺駅にて。壁面に大きく貼られたシェアリング自転車「ofo」の広告。
「ofo」の広告は、地上に出るエスカレーター乗り場にまで続いていた。
「ofo」の広告は、地上に出るエスカレーター乗り場にまで続いていた。
「ofo」のシェアリング自転車を利用する人たち。
「ofo」のシェアリング自転車を利用する人たち。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事