「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場

2017.05.01 自動車ニュース

ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。

2017年度は30台限定

ベンテイガ オニキス エディションは、6リッターW12ツインターボエンジンを搭載する標準仕様(車両価格:2739万円)をベースに、装備内容を一部変更して廉価な設定とすることで、より幅広い顧客層をターゲットとしたモデル。2017年度の販売は30台限定で、納車は同年第4四半期からを予定している。

外観の特徴はボディーの下端が「グロスベルーガブラック」仕上げとなること。一方、スタンダード仕様では標準装備となる「マリナードライビングスペック」や「ベントレーダイナミックライド」「カラースペシフィケーション」がオプションとなる。

主な標準装備は次のとおり。

  • 20インチ10本スポークアロイホイール(ペイント仕上げ)
  • 11色のエクステリアカラー
  • グロスベルーガブラック仕上げのロワーボディーワーク/ナンバープレートサラウンド/ドアミラーフットエリア
  • 5色から選択可能な単色インテリア
  • Dark Fiddleback Eucalyptusのウッドパネル
  • フルーテッドシート
  • コンベンショナル・パッシブアンチロールバー

主なオプション装備は次のとおり。

  • マリナードライビングスペック(ジュエル・フューエル&オイルフィラーキャップ、レザーアッパートリム、キルティングシートボルスター、ショルダー&ドアパネル、キルティングバックボード 4席仕様、スポーツフットペダルほか)
  • ベントレーダイナミックライド(電動式アクティブロールコントロール)
  • カラースペシフィケーション
  • テレビチューナー

(webCG)

ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション
ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション

関連キーワード:
ベンテイガベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI:「ルポGTI」の再来に期待 2017.10.26 自動車ニュース コンパクトスポーツのファンが待ちかねていた「フォルクスワーゲンup! GTI」が、東京モーターショーで日本初公開された。長年にわたりフォルクスワーゲンを愛用してきたライターの大音安弘が、このクルマに寄せる期待を語った。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4... 2017.10.27 試乗記