「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場

2017.05.01 自動車ニュース

ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。

2017年度は30台限定

ベンテイガ オニキス エディションは、6リッターW12ツインターボエンジンを搭載する標準仕様(車両価格:2739万円)をベースに、装備内容を一部変更して廉価な設定とすることで、より幅広い顧客層をターゲットとしたモデル。2017年度の販売は30台限定で、納車は同年第4四半期からを予定している。

外観の特徴はボディーの下端が「グロスベルーガブラック」仕上げとなること。一方、スタンダード仕様では標準装備となる「マリナードライビングスペック」や「ベントレーダイナミックライド」「カラースペシフィケーション」がオプションとなる。

主な標準装備は次のとおり。

  • 20インチ10本スポークアロイホイール(ペイント仕上げ)
  • 11色のエクステリアカラー
  • グロスベルーガブラック仕上げのロワーボディーワーク/ナンバープレートサラウンド/ドアミラーフットエリア
  • 5色から選択可能な単色インテリア
  • Dark Fiddleback Eucalyptusのウッドパネル
  • フルーテッドシート
  • コンベンショナル・パッシブアンチロールバー

主なオプション装備は次のとおり。

  • マリナードライビングスペック(ジュエル・フューエル&オイルフィラーキャップ、レザーアッパートリム、キルティングシートボルスター、ショルダー&ドアパネル、キルティングバックボード 4席仕様、スポーツフットペダルほか)
  • ベントレーダイナミックライド(電動式アクティブロールコントロール)
  • カラースペシフィケーション
  • テレビチューナー

(webCG)

ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション
ベントレー・ベンテイガ オニキス エディション
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る