MINI初の2シーター、「MINIクーペ」上陸

2011.09.27 自動車ニュース

MINI初の2シーター、「MINIクーペ」上陸

BMWジャパンは2011年9月27日、MINIの2シータークーペ「MINIクーペ」を発表し、予約注文の受付を開始した。納車は2011年12月以降を予定している。

「MINIクーペ」は量産モデルのMINIとしては初めての2シータークーペ。ボディサイズは全長3740×全幅1685×全高1380mm(MINIクーパー クーペ)と、MINIハッチバックと比較して車高が50mm低く、またAピラーの角度が13度寝かされるなど、空力特性に優れたスポーティなフォルムを特徴としている。

そのためMINIの中でも走行性能が高いモデルと位置づけられており、シリーズ中最も強力な211psの1.6リッターターボエンジンを搭載する「ジョンクーパーワークス(JCW)」仕様は、0-100km/h加速=6.4秒と歴代の量産MINIモデルの中で最も優れた加速性能を誇る。

一方で、エンジンのオートスタート/ストップ機能やブレーキエネルギー回生システムなどを採用することによって環境性能にも配慮がなされている。ラインナップされる5車種中、3車種がエコカー減税の対象となっている。

エクステリアではMINIとしては初めて「アクティブリヤスポイラー」が採用される。これはトランクリッドに組み込まれているスポイラーが80km/hを超えると自動的に上昇し、逆に60km/hを下回ると元に戻るというもの。高速走行時の空力性能の改善に効果があるという。

また広いトランクスペースが用意されるのも特長である。容量はMINIハッチバックよりも広い280リッターとされ、外部からのアクセスを改善するために、大きなトランクスルーシステムが標準で装備されている。

他の車型と同様に「クーパー」(1.6リッター自然吸気エンジン)、「クーパーS」(1.6リッターターボ)、「JCW」の各仕様が設定され、価格は次のとおり。

・MINIクーペ クーパー(6MT):297万円 ※1
・MINIクーペ クーパー(6AT):310万円
・MINIクーペ クーパーS(6MT):339万円 ※1
・MINIクーペ クーパーS(6AT):352万円 ※2
・MINIクーペ JCW(6MT):426万円

※1=エコカー減税 減税率75%
※2=エコカー減税 減税率50%

(webCG 竹下)

「MINIクーペ JCW」
「MINIクーペ JCW」

MINI初の2シーター、「MINIクーペ」上陸の画像

MINI初の2シーター、「MINIクーペ」上陸の画像
MINI初の2シーター、「MINIクーペ」上陸の画像
(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.11 試乗記 MINIクーパーS クーペ(FF/6MT)
    ……383万3270円

    MINIシリーズ初の2シーターモデルとして生まれた「MINIクーペ」。クルマとしてのできは、いかほどか? ホットな“クーパーS”で確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る