レクサスLC【開発者インタビュー】

“静”のイメージを打ち破る 2017.05.05 試乗記 Lexus International
製品企画 主幹
落畑 学(おちはた まなぶ)さん

レクサスの「LC」はLuxury Coupeの略称であると同時に、Lexus Challengeという意味を併せ持つという。一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。

使命は次世代への移行を知らせること

――LCはこれまでレクサスにはなかったジャンルのクルマですね。

僕らはこれまでラグジュアリークーペを持てていなかったんです。そこにモデルを投入するんですが、プレミアムブランドはみんなやっていることなんですね。そこを充実させて、もう一段レクサスを上のレベルに引き上げる必要がありました。今までなかなかレクサスに目を向けていただけなかったお客さまの期待に応えられる商品をつくろうよということになったんですね。高い目標を掲げて、もう少し上の価格帯にあるクルマを見ながら、負けないような商品をつくろうと考えました。

――フラッグシップクーペということで、イメージリーダーの役割もありますね。

このクルマの使命は、レクサスがこのクルマから次のステージに向かいますよ、次世代に移行しますよということを広い層の方に知っていただくことです。ある程度の数が世の中に出回らないといけません。技術陣としてはやりたいことをすべて盛り込みたいんですが、価格が高くなってしまうとめったに見ないクルマになってしまいます。採算度外視というわけにはいきません。

――月間販売目標が50台のところ、1800台もの注文があったそうですね。単純に計算すると、今注文しても3年待ちということになりますが……。

50台というのは、あくまでもモデル通期での平均ということです。生産体制は整っているので、半年ぐらいでお届けしたいと思っています。こういうクルマは最初にバーンと注文がきて、その後どうやって販売台数を保ち続けるかが課題。期待に応えるためには、レベルアップしていかなければならないですね。

レクサスの新たなフラッグシップクーペとして開発された「LC」。どの方向から眺めても、エレガントな曲線美を堪能できる。
レクサスの新たなフラッグシップクーペとして開発された「LC」。どの方向から眺めても、エレガントな曲線美を堪能できる。
「LC」には、“レクサスが次のステージに進んだ”ということを世間に知らしめる、イメージリーダー的な役割が担わされている。
「LC」には、“レクサスが次のステージに進んだ”ということを世間に知らしめる、イメージリーダー的な役割が担わされている。
<プロフィール>
1999年入社。自動運転バスの開発を行い、2005年の愛知万博で使われた軌道上を無人走行する「IMTS」の制御システムを開発。乗用車の制御システムのインテグレートでは「LS」や「GS」を担当した。「トヨタ・クラウン」の製品企画を経て、2013年から「LC」の開発に携わる。
<プロフィール>
	1999年入社。自動運転バスの開発を行い、2005年の愛知万博で使われた軌道上を無人走行する「IMTS」の制御システムを開発。乗用車の制御システムのインテグレートでは「LS」や「GS」を担当した。「トヨタ・クラウン」の製品企画を経て、2013年から「LC」の開発に携わる。
関連記事
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る