第146回:日欧カーチェイス映画と癒やし系作品をチョイス
G.W.に観たいクルマ映画DVD

2017.05.02 読んでますカー、観てますカー

あのニュークスがドイツでカーバトル

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公開されてからもう2年が過ぎようとしている。いまだ熱が冷めやらず、今もV8ポーズを決めてイモータン・ジョー様に忠誠を誓うウォーボーイズも多いことだろう。あの映画でマックスとフュリオサに匹敵する強い印象を残したのがニュークスだった。白塗りメイクの雑魚キャラだと思っていたら結構いいヤツで、最後には勇気ある行動で感動を呼んだ。

ニュークス役だったニコラス・ホルトは、『アウトバーン』では卓越した運転テクニックを持つ男ケイシーを演じている。彼はアメリカで自動車泥棒をしていたが、ヘマをしてドイツに逃げてきている。マフィアのボスのもとに身を寄せ、ドラッグ取引の集金で小銭を稼ぐ毎日だ。彼はクラブで会ったジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)と恋に落ち、カタギになることを決める。しかし、彼女が病に冒されていることを知り、ドラッグを積んだトラックを襲って治療の金を作ろうと考えた。

襲撃は失敗に終わり、ケイシーはとらわれてしまう。スキを見て見張りを倒し、停めてあった「ジャガーXFR」で逃げ出したが、3台のクルマに追われることになった。「ボルボV70」「メルセデス・ベンツMクラス」「ポルシェ・カイエン」である。タイヤを撃たれて横転してしまうと、「メルセデス・ベンツSLS AMG」を拝借して逃走。逃げても逃げても追いつかれるので、次々にクルマを乗り換えて走り続けるしかない。

「アストンマーティン・ラピード」「シトロエンC5ブレーク」と乗り継ぎ、最後は「ジャガーFタイプ」だ。アウトバーンをいろいろなクルマで駆け抜けるのを楽しむための映画で、クラッシュ炎上シーンも盛りだくさん。典型的なB級映画なのに、悪役のキャストが不自然なほど豪華である。アンソニー・ホプキンス、ベン・キングズレーという2人のアカデミー賞俳優が喜々として演じている。

『アウトバーン』ブルーレイ&DVDセット
『アウトバーン』ブルーレイ&DVDセット
「ジャガーXFR」
2007年のフランクフルトショーで発表されたミドルサイズサルーン「XF」の最上級グレードが「XFR」。510psの5リッタースーパーチャージドエンジンを搭載する。
「ジャガーXFR」
	2007年のフランクフルトショーで発表されたミドルサイズサルーン「XF」の最上級グレードが「XFR」。510psの5リッタースーパーチャージドエンジンを搭載する。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事