スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)

スッピンの魅力 2017.05.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。

思い出のテンロク水平対向

いきなり私事で恐縮だが、かつてわが家には「スバル・レオーネ」があった。もちろんそれは私のではなく父の愛車で、1977年当時の話である。モデルは初代の後期型で、丸目4灯のサッシュレス4ドアセダン。当時のスペックを確認すれば、エンジンは1.6リッターの水平対向4気筒OHV、最高出力は95ps、最大トルク12.3kgmとある。

その頃ちょうど小学生だった私は、「どうしてウチのクルマはこんなにもカッコ悪いんだ」と嘆いていた記憶がある。同級生の家のクルマを見ると、日産党であれば「ブルーバード」や「スカイライン」、トヨタ党であれば「カローラ」や「コロナ」というラインナップが人気だった。幼少期の私の目にレオーネはひどくカッコ悪く映り、したがって、よその家のクルマがうらやましかった。

それから年を経て多少クルマというものが分かるにつれて、ウチのオヤジはなかなかの好き者であったことが分かってきた。なにせわが家のマイカーといえば、レオーネの前は「ホンダ1300 99」だった。本稿テーマ車とはもはや一切関係ないので、興味のある方は時間の許すときにでも各自で調べていただきたいが、ホンダの99といえば、1.3リッターのオールアルミ製空冷直4を搭載したFFと、今考えてもなかなかマニアックなメカニズムを採用していたのである。

さて、現行型インプレッサだ。フルモデルチェンジ時は2リッターモデルのみのラインナップだったが、エントリー版ともいうべき1.6リッターモデルも、昨年12月から販売が開始されている。「スポーツ」「G4」ともに価格は同一で、FF車は192万2400円からという戦略的な値付けも注目された。

私にとっては、実に40年の時を経てレオーネと同じスバルの1.6リッターモデルに乗ることになり(無論当時は運転できなかったワケだが)、それがどことなく懐かしく、感慨深い。歴史をひも解けば、レオーネの正当な後継モデルが「レガシィ」なのは明白だが、サイズに関していえば、このインプレッサでもレオーネに比べれば大きすぎるぐらいである。

「インプレッサG4 1.6i-L EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。上級グレードとの違いは、金属調の装飾の有無や、本革巻きステアリングホイールが標準となるか否かなどとなっている。
「インプレッサG4 1.6i-L EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。上級グレードとの違いは、金属調の装飾の有無や、本革巻きステアリングホイールが標準となるか否かなどとなっている。
シート表皮はトリコットが標準。オプションで、電動調整機構とヒーター(前席のみ)を備えた、ブラックの本革シートも用意されている。
シート表皮はトリコットが標準。オプションで、電動調整機構とヒーター(前席のみ)を備えた、ブラックの本革シートも用意されている。
6:4の分割可倒式リアシート。カップホルダー付きのセンターアームレストが備わる。
6:4の分割可倒式リアシート。カップホルダー付きのセンターアームレストが備わる。
2016年10月に発表された現行型「インプレッサ」。2リッターモデルは同月、1.6リッターモデルはその約2カ月後に発売された。
2016年10月に発表された現行型「インプレッサ」。2リッターモデルは同月、1.6リッターモデルはその約2カ月後に発売された。
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る