第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
インポーターに聞きました~ベントレー編~

2017.05.09 JAIA輸入車試乗会2017
 
第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!インポーターに聞きました~ベントレー編~の画像

2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? JAIA試乗会の当日は会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
 

2016年6月に日本導入が発表された「ベンテイガ」。ベントレー自慢の6リッターW12ツインターボエンジンが搭載される。
2016年6月に日本導入が発表された「ベンテイガ」。ベントレー自慢の6リッターW12ツインターボエンジンが搭載される。
「フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」。エンジン出力、トルクが強化されたほか、足まわりにもよりスポーティーな味付けが施されている。
「フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」。エンジン出力、トルクが強化されたほか、足まわりにもよりスポーティーな味付けが施されている。
インタビューに応じていただいた、ベントレーモーターズジャパンの横倉 典さん。「ベンテイガ」の魅力とは、オンロード/オフロードともにこなせる走りやラグジュアリー性、さらに実用性も備えていることだそうです。
インタビューに応じていただいた、ベントレーモーターズジャパンの横倉 典さん。「ベンテイガ」の魅力とは、オンロード/オフロードともにこなせる走りやラグジュアリー性、さらに実用性も備えていることだそうです。

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

昨年の日本での販売台数は434台(JAIA調べ)となり、2006年の537台に次いで2番目に多い台数になりました。5年連続で右肩上がりの販売台数を記録しておりますが、大きな要因の一つが、昨年デリバリーを開始した新型SUVベンテイガです。ベンテイガは85台がデリバリーされ、全体の約20%を占めました。

――現在、販売をけん引している車種、またイチオシの車種はどのモデルですか?

やはり、SUVのベンテイガが今年も販売の中で大きな比率を占めるものと思われます。最近、街でこのクルマを見かける機会も多くなってきました。そのような意味で新規のお客さまがこれから増えていくのではないかと期待しております。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

現在、お話しできるような具体的な新規導入モデルはありませんが、英国本社では魅力的なモデルを続々と投入してきております。その中において、日本に導入できるモデルを検討していきたいと思います。また、マリナー部門のビスポークオーダーや、ボディーキットのような、ベントレーの商品価値を高め、お客さまの個性も反映できるオプションに関しても積極的にプロモーションしていこうと思います。

――全国のwebCG読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

ベントレーはパフォーマンスとラグジュアリーを両立した、類いまれなブランドです。「Be Extraordinary」というキャッチフレーズの元、皆さまをびっくりさせるような取り組みを行っていきますので、今年もベントレーブランドにご注目ください。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、田村 弥、webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る