第12回:派手さ倍増! あのカルト自動車ムービーがハリウッド大作に!!
『ワイルド・スピード MEGA MAX』

2011.09.26 エッセイ

第12回:派手さ倍増! あのカルト自動車ムービーがハリウッド大作に!!『ワイルド・スピード MEGA MAX』

日本の小型車が最高にクール!

チューンドカーが街を激走し、男たちは夜ごとドラッグレースに命を燃やす。古今東西の名車が続々登場し、派手なカーアクションとクラッシュシーンを繰り広げる。「ワイルド・スピードシリーズ」は、なんともわかりやすいクルマ映画である。

『ワイルド・スピード MEGA MAX』は5作目となる。製作費も興行収入もこれまでの作品とは別次元で、文字通りのハリウッド大作だ。最初からそうだったのではない。2001年の第1作『ワイルド・スピード』は、カルトな匂いをぷんぷん漂わせていた。LAを舞台にストリートレースを描いた作品で、出てくるクルマは大半が日本車である。3台の黒い「ホンダ・シビッククーペ」がトラック強盗をはたらくシーンでは、車体の下がネオンで緑色に照らされている。そういえば、日本でも一部でよく見られた改造だ。

ストリートレースで活躍するのは、「三菱エクリプス」、「ホンダ・インテグラ」「トヨタ・スープラ」、そしてあの懐かしいVeilSideのステッカーを貼った「マツダRX-7」など。当時アメリカのラティーノや黒人の間で、安い日本車を改造してヨーロッパの高級車やハイパワーのV8アメリカ車をカモるのが流行していた事実を反映している。彼らにとってバリバリにチューンした日本の小型車は、最高にクールだったのだ。

第1作では、LAでストリートレースを仕切るドミニク(ヴィン・ディーゼル)に潜入捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)が勝負を挑み、次第に友情が芽生えていく。ブライアンはトラック強盗事件を追っているのだが、ドミニクがこれに絡んでいるのではないかと疑っているのだ。このトラックの積荷がパナソニックのDVDプレーヤーで、これでボロもうけできるというのが時代を感じさせる。それはともかく、クルマ文化の中でも相当マニアックな部分を描いていることもあって、メジャー感は薄かったのだ。

(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
「ホンダ・シビッククーペ」(1995年)
5代目シビックの派生モデルで、アメリカで開発、生産された。現行モデルは日本では販売されていない。
「ホンダ・シビッククーペ」(1995年)
5代目シビックの派生モデルで、アメリカで開発、生産された。現行モデルは日本では販売されていない。
「三菱エクリプス」(1995年)
「ギャラン」をベースに開発されたスポーティカーで、北米で人気を博した。日本にも左ハンドル仕様のまま輸入されたが、現在は販売されていない。
「三菱エクリプス」(1995年)
「ギャラン」をベースに開発されたスポーティカーで、北米で人気を博した。日本にも左ハンドル仕様のまま輸入されたが、現在は販売されていない。
「トヨタ・スープラ」(1994年)
初代と2代目は日本では「セリカXX」の名で販売されていたが、3代目からアメリカに合わせてスープラを名乗ることになった。2002年に生産を終了している。
「トヨタ・スープラ」(1994年)
初代と2代目は日本では「セリカXX」の名で販売されていたが、3代目からアメリカに合わせてスープラを名乗ることになった。2002年に生産を終了している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。