第12回:派手さ倍増! あのカルト自動車ムービーがハリウッド大作に!!
『ワイルド・スピード MEGA MAX』

2011.09.26 読んでますカー、観てますカー

第12回:派手さ倍増! あのカルト自動車ムービーがハリウッド大作に!!『ワイルド・スピード MEGA MAX』

日本の小型車が最高にクール!

チューンドカーが街を激走し、男たちは夜ごとドラッグレースに命を燃やす。古今東西の名車が続々登場し、派手なカーアクションとクラッシュシーンを繰り広げる。「ワイルド・スピードシリーズ」は、なんともわかりやすいクルマ映画である。

『ワイルド・スピード MEGA MAX』は5作目となる。製作費も興行収入もこれまでの作品とは別次元で、文字通りのハリウッド大作だ。最初からそうだったのではない。2001年の第1作『ワイルド・スピード』は、カルトな匂いをぷんぷん漂わせていた。LAを舞台にストリートレースを描いた作品で、出てくるクルマは大半が日本車である。3台の黒い「ホンダ・シビッククーペ」がトラック強盗をはたらくシーンでは、車体の下がネオンで緑色に照らされている。そういえば、日本でも一部でよく見られた改造だ。

ストリートレースで活躍するのは、「三菱エクリプス」、「ホンダ・インテグラ」「トヨタ・スープラ」、そしてあの懐かしいVeilSideのステッカーを貼った「マツダRX-7」など。当時アメリカのラティーノや黒人の間で、安い日本車を改造してヨーロッパの高級車やハイパワーのV8アメリカ車をカモるのが流行していた事実を反映している。彼らにとってバリバリにチューンした日本の小型車は、最高にクールだったのだ。

第1作では、LAでストリートレースを仕切るドミニク(ヴィン・ディーゼル)に潜入捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)が勝負を挑み、次第に友情が芽生えていく。ブライアンはトラック強盗事件を追っているのだが、ドミニクがこれに絡んでいるのではないかと疑っているのだ。このトラックの積荷がパナソニックのDVDプレーヤーで、これでボロもうけできるというのが時代を感じさせる。それはともかく、クルマ文化の中でも相当マニアックな部分を描いていることもあって、メジャー感は薄かったのだ。

(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
「ホンダ・シビッククーペ」(1995年)
5代目シビックの派生モデルで、アメリカで開発、生産された。現行モデルは日本では販売されていない。
「ホンダ・シビッククーペ」(1995年)
5代目シビックの派生モデルで、アメリカで開発、生産された。現行モデルは日本では販売されていない。
「三菱エクリプス」(1995年)
「ギャラン」をベースに開発されたスポーティカーで、北米で人気を博した。日本にも左ハンドル仕様のまま輸入されたが、現在は販売されていない。
「三菱エクリプス」(1995年)
「ギャラン」をベースに開発されたスポーティカーで、北米で人気を博した。日本にも左ハンドル仕様のまま輸入されたが、現在は販売されていない。
「トヨタ・スープラ」(1994年)
初代と2代目は日本では「セリカXX」の名で販売されていたが、3代目からアメリカに合わせてスープラを名乗ることになった。2002年に生産を終了している。
「トヨタ・スープラ」(1994年)
初代と2代目は日本では「セリカXX」の名で販売されていたが、3代目からアメリカに合わせてスープラを名乗ることになった。2002年に生産を終了している。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!