新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート

2017.05.08 自動車ニュース
新型「ランドローバー・ディスカバリー」
新型「ランドローバー・ディスカバリー」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。

 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタートの画像

第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されており、アルミ製モノコックボディーを採用したことで従来型から最大360kgの軽量化を実現した点や、専用アプリを使用してスマートフォンからシートレイアウトの変更ができる「インテリジェントシートフォールド機能」の採用などを特徴とする。日本市場では新型の誕生を記念した限定30台の特別仕様車が先行販売されていたが、今回、新たにカタログモデルの注文受け付けが始まった。

ラインナップはベーシックグレードの「HSE」と、上級グレードの「HSEラグジュアリー」の2種類で、それぞれに、スーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンモデル(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と、3リッターV6ディーゼルターボモデル(同258ps、同600Nm)が用意される。

価格は以下の通り。

【ガソリンエンジン車】

  • HSE:779万円
  • HSEラグジュアリー:881万円

【ディーゼルエンジン車】

  • HSE:799万円
  • HSEラグジュアリー:901万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る