日産、大相撲五月場所に「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出

2017.05.09 自動車ニュース
 
日産、大相撲五月場所に「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出の画像

日産自動車は2017年5月9日、同社の「スカイライン」が生誕60年を迎えたことを記念し、5月14日から始まる大相撲五月場所へ「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出すると発表した。大相撲への懸賞幕掲出は、日産として初の試みとなる。

1957年に発売された初代「プリンス・スカイライン」バージョンの懸賞幕。こちらをクリックすると、すべての懸賞幕の写真が見られます。
1957年に発売された初代「プリンス・スカイライン」バージョンの懸賞幕。こちらをクリックすると、すべての懸賞幕の写真が見られます。

懸賞幕は、両国国技館で開催される「大相撲五月場所」(5月14日〜5月28日)の期間中、横綱・稀勢の里関や、宇良関の取組などで掲出される予定。

今回、「スカイライン60周年」を記念した懸賞幕は全14枚が制作されており、このうちスカイラインのモデルが入った13枚は、日本を代表する浮世絵画家・葛飾北斎の「冨嶽三十六景」をモチーフに、浮世絵イラストレーター・大管雅晴さんが描いている。

スカイライン60周年 大相撲懸賞幕の掲出概要は以下の通り。

  • 掲出期間:大相撲五月場所(5月14日~5月28日)、各日
  • 掲出取組:各日の横綱・稀勢の里関、宇良関の取組など
  • 掲出方法:大相撲懸賞幕として、所定の取組前に土俵上にて掲出

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン日産イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る