スバル、新型「プレオ プラス」を発売

2017.05.09 自動車ニュース
「スバル・プレオ プラス Gスマートアシスト」。
「スバル・プレオ プラス Gスマートアシスト」。

スバルは2017年5月9日、新型「プレオ プラス」を発表し、同日発売した。月間販売目標は600台で、車両価格は89万6400~135万円。

「Gスマートアシスト」のインテリア。
「Gスマートアシスト」のインテリア。
「Gスマートアシスト」のインテリア。
「Gスマートアシスト」のインテリア。
「プレオ プラス Gスマートアシスト」
「プレオ プラス Gスマートアシスト」
「プレオ プラス Gスマートアシスト」
「プレオ プラス Gスマートアシスト」

「スマートアシストIII」を採用して予防安全性能を強化

プレオ プラスはダイハツから「ミラ イース」のOEM供給を受けて、スバルが販売している軽自動車。今回の全面改良ではミラ イースと足並みをそろえて安全性能を強化したほか、使い勝手や走行性能、燃費性能などを改善した。

新型の商品コンセプトは「セイフティ&スマート&スモール」というもの。従来の優れた燃費性能を維持しつつ、クルマとして基本性能に磨きをかけることで、スバルの提供価値である「安心と愉しさ」を高めたという。

安全面では「スマートアシストIII」を採用して、センシング方式をレーザーレーダーからステレオカメラに改めた。これにより物体を認識する性能が大幅に向上し、歩行者に対しても衝突回避ブレーキが作動するようになった。またフロント2個、リア2個のコーナーセンサーを装備し(軽自動車では初)、徐行時(約10km/h以下)に歩行者や障害物の接近をドライバーに知らせる機能が備わった。

機能面ではスイッチ式リアゲートオープナーを採用して荷室の使い勝手を向上させた。また外観はLEDヘッドランプやシャープな立体造形フォルムによって先進感を表現。内装をブラックとして質感を高めることで、クルマとしての“仕立ての良さ”にこだわったという。

さらに新しいボディー構造を採用することで、従来型比で最大80kgの軽量化を実現しながら高い剛性も実現し、操縦安定性や乗り心地、静粛性を向上させている。「Lスマートアシスト」と「Gスマートアシスト」グレードでは、フロントサスペンションのダンパーシリンダーのサイズアップや、リアダンパーのロワーブッシュを新たに開発することで、上級グレードにふさわしい操縦安定性と乗り心地を実現したという。

また新型では軽量化と併せて、省電力LEDランプや新開発タイヤを採用し、空力性能を改善して実用燃費を向上させた。全車でエコカー減税制度の免税適合基準を達成している。

価格は以下のとおり。

  • F:89万6400円(FF)/102万6000円(4WD)
  • Fスマートアシスト:96万1200円(FF)/109万0800円(4WD)
  • Lスマートアシスト:109万0800円(FF)/122万0400円(4WD)
  • Gスマートアシスト:122万0400円(FF)/135万円(4WD)

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る