「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売

2017.05.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー エクスプレッション」(写真左)と「キャプチャー プレミアム」(同左)。
「ルノー・キャプチャー エクスプレッション」(写真左)と「キャプチャー プレミアム」(同左)。

ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。

「キャプチャー プレミアム」のレザーシート。
「キャプチャー プレミアム」のレザーシート。
今回の特別仕様車には、アプリ「R&Go」に対応したラジオが備わる。写真のようにスマートフォンをインフォテインメントシステムとして活用するための、オプション「スマートフォン・クレードル」(5400円)も用意される。
今回の特別仕様車には、アプリ「R&Go」に対応したラジオが備わる。写真のようにスマートフォンをインフォテインメントシステムとして活用するための、オプション「スマートフォン・クレードル」(5400円)も用意される。
「キャプチャー プレミアム」(写真をクリックすると、特別仕様車のフォトギャラリーが見られます)
「キャプチャー プレミアム」(写真をクリックすると、特別仕様車のフォトギャラリーが見られます)

今回のルノー・キャプチャー エクスプレッションは、専用アプリ「R&Go」でスマートフォンを接続できるR&Go対応ラジオを装備し、クロームハブキャップでドレスアップした特別仕様車だ。

価格は254万円。ボディーカラーは、「イヴォワール+ノワールエトワールメタリック」「オランジュルシヨンメタリック+イヴォワール」「ブルーマリンフュメ」の3種が用意される。

もう1台のキャプチャー プレミアムには、キャプチャー エクスプレッションと同じR&Go対応ラジオおよびクロームハブキャップに加えて、レザーシート(前席シートヒーター付き)と専用レザーハンドル、専用レザーパーキングブレーキレバーが与えられる。

こちらの価格は266万円。ボディーカラーは、「イヴォワール+ノワールエトワールメタリック」「オランジュルシヨンメタリック+イヴォワール」「カプチーノメタリック+イヴォワール」「ルージュフラムメタリック+ノワールエトワールメタリック」「ブルーマリンフュメ」の5種がラインナップされる。

キャプチャー エクスプレッション、キャプチャー プレミアムともに、ツートンカラーのモデルは3万2400円高となる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
ホームへ戻る