フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)

“非”都市型モビリティー 2017.05.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 

国産コンパクト群と真っ向勝負

新色ティールブルーに塗られた新型up!とご対面。一般的にサックスと呼ばれるこの色が、このクルマにはよく似合っている。実際よりも立派に見せようとしていないし、ベーシックカーだし……と投げやりな感じもない。新型は顔つきが少し変わった。フロントバンパーの形状が変わったために全長が65mm伸びた。それでもまだ3610mmにすぎない。全幅1650mmと全高1495mm、それにホイールベース2420mmは変更なし。登場時、スマートフォンみたいと言われた、特徴的なリアのスタイルは相変わらず。この部分のデザインは素晴らしいので変わらないでよかった。リアコンビランプのデザインもわずかに変わった。

乗ったのは、フォルクスワーゲン(VW)で最も安いup!の中では最も高い「high up!」。車両本体価格は193万8000円だ。この価格帯には、「トヨタ・アクア」「ホンダ・フィット」「日産ノート」「マツダ・デミオ」など、バラエティーに富んだメカニズムやコンセプトをもった国産エココンパクトカーがひしめく。「フィアット500」や「ルノー・トゥインゴ」「スマート・フォーフォー」など、海外勢のライバルも少なくない。国産車の場合、多くはup!よりひとつ上のセグメントで、より広い車内空間をもつ。時々これらを思い出して比較しながら東京~箱根を往復した。

「up!」が日本で発売されたのは2012年9月のこと。5年近い時を経て、2017年4月に初めてのマイナーチェンジが実施された。
「up!」が日本で発売されたのは2012年9月のこと。5年近い時を経て、2017年4月に初めてのマイナーチェンジが実施された。
リアコンビランプのデザインは、大きな変更点のひとつ。赤と黒を対比させたカラーリングは、どこかステンドグラスを思わせる。
リアコンビランプのデザインは、大きな変更点のひとつ。赤と黒を対比させたカラーリングは、どこかステンドグラスを思わせる。
インテリアで目を引くのは、細かい四角形が描かれ、光沢のあるダッシュパッド。写真は「ピクセルニュートラル」カラーで、ボディーカラーに合わせて、ほかに「ピクセルハニーイエロー」など、全4色が用意される。
インテリアで目を引くのは、細かい四角形が描かれ、光沢のあるダッシュパッド。写真は「ピクセルニュートラル」カラーで、ボディーカラーに合わせて、ほかに「ピクセルハニーイエロー」など、全4色が用意される。
関連記事
  • フォルクスワーゲンup!/up! beats 2016.2.24 画像・写真 独フォルクスワーゲンはジュネーブショー2016で、コンパクトカー「up!」のマイナーチェンジモデル や、米BeatsAudio(ビーツオーディオ)の300Wサウンドシステムを搭載した「up! beats」を発表する。その画像を紹介する。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンが限定車jeans up!を発売 2016.2.9 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年2月9日、1リッタースモールカー「up!(アップ!)」の特別限定車「jeans up!(ジーンズ アップ!)」を300台限定で発売した。車両価格は193万9000円。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2012.10.14 試乗記 フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)
    ……190万5600円

    新型コンパクトカー「フォルクスワーゲンup!(アップ!)」に徳大寺有恒が試乗。何かと話題のニューモデルを、巨匠はどう評価する?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る