第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
GLCクーペはレスポンスキング!?

2017.05.16 カーマニア人間国宝への道

静粛性と快適性は圧倒的

最新のディーゼルモデル4台イッキ乗りの3台目は、これまでの2台、「MINIクロスオーバー」「プジョー308SW」とはまったく格違いの「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」であります。

「220d」というだけに、排気量は2.2リッター(4気筒)。最高出力/最大トルクは170ps/400Nmと、スペック的にはMINIやプジョーと極めて近い。車重が2t近いので、そのぶん加速は大幅にゆったりのんびり系。それこそMINIやプジョーのような「グワワワワ!」という加速はないが、トルクが400Nmあるので、動力性能に痛痒(つうよう)を感じることもない。

このエンジンの圧倒的な静粛性と快適性には感動。これは4気筒の2リッター級ディーゼルとして究極の静かさ&振動の小ささだろう。

もちろん車格が高い分、遮音性能が凄(すご)いのは確かなのだが、ボンネットを開けてエンジンルームの脇にいても、MINIやプジョーよりかなり静かだった。

圧縮比は16.2で特に低いわけでもない。ナゼ? エンジンカバーの遮音性ですかね? メルセデスの説明文を読んでも、静粛性アップのために特別な技術が使われているという記述はないんですが、とにかく静かでした。

最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
「GLCクーペ」は2017年2月に日本に導入された。価格は627万~910万円。
「GLCクーペ」は2017年2月に日本に導入された。価格は627万~910万円。
最高出力170ps、最大トルク400Nmを発生する2.2リッターディーゼルターボエンジン。「静かなエンジンにうっとり!」。
最高出力170ps、最大トルク400Nmを発生する2.2リッターディーゼルターボエンジン。「静かなエンジンにうっとり!」。
なだらかな弧を描くルーフラインがリアスタイルの特徴。
なだらかな弧を描くルーフラインがリアスタイルの特徴。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る