第411回:サーキットでもスゴいんです
ミシュランの最新作「パイロットスポーツ4S」を試す

2017.05.12 エディターから一言
「パイロットスポーツ4S」の試走会が、F1アブダビGPが開催されるヤス・マリーナ・サーキットで開かれた。
「パイロットスポーツ4S」の試走会が、F1アブダビGPが開催されるヤス・マリーナ・サーキットで開かれた。

ミシュランのスポーツタイヤ「パイロットスポーツ」シリーズに新しい1ページが加わった。「パイロットスポーツ4S」は公道での使用はもちろん、サーキット走行までをカバーするハイスペックタイヤだ。F1アブダビGPが開催されるヤス・マリーナ・サーキットでその実力を試した。

ミシュランの新しいハイスペック・スポーツタイヤ「パイロットスポーツ4S」は日本では2017年4月1日に発売された。19インチと20インチの合計39サイズが用意される。価格はオープン。
ミシュランの新しいハイスペック・スポーツタイヤ「パイロットスポーツ4S」は日本では2017年4月1日に発売された。19インチと20インチの合計39サイズが用意される。価格はオープン。
世界にユニークなサーキットは多々あれど、ゴージャスという意味でヤス・マリーナの右に出るものはないだろう。全長約5.6kmで左回り、コース全域にスタジアムのごとく、こうこうと照らす照明が備わる。路面のアスファルトは、イギリス・シュロップシャー州からはるばる運ばれたものだそうで、総工費は日本円で1兆円以上と言われる。
世界にユニークなサーキットは多々あれど、ゴージャスという意味でヤス・マリーナの右に出るものはないだろう。全長約5.6kmで左回り、コース全域にスタジアムのごとく、こうこうと照らす照明が備わる。路面のアスファルトは、イギリス・シュロップシャー州からはるばる運ばれたものだそうで、総工費は日本円で1兆円以上と言われる。
今回はミシュランのレーシングスリックタイヤも体験できた。写真はテストカーのフォーミュラ4マシン。
今回はミシュランのレーシングスリックタイヤも体験できた。写真はテストカーのフォーミュラ4マシン。
立体交差があるサーキットはそれほど珍しくない。しかしホテルの下(正確には構造物の下)をくぐるサーキットは珍しいのではないか。ピットレーンがメインコースの下をくぐり、反対側から本線に合流するのもヤス・マリーナの名物である。
立体交差があるサーキットはそれほど珍しくない。しかしホテルの下(正確には構造物の下)をくぐるサーキットは珍しいのではないか。ピットレーンがメインコースの下をくぐり、反対側から本線に合流するのもヤス・マリーナの名物である。

ラベリング対応でサーキットもOK

気温約30度、湿度が低くてカラッと暑い、4月4週目のヤス・マリーナ・サーキット。今回の試走会は正確には「ミシュラン・パッション・デイズ」と呼ぶ。その趣旨は「スポーツカーやレーシングカーの試乗を通じて、ミシュランタイヤが持つスポーツマインドを存分に体感してほしい」というもの。新しいパイロットスポーツ4Sが装着された「フォルクスワーゲン・ゴルフR」のほかに、レース用のスリックタイヤを履いた「ルノー・クリオ」(日本名:ルーテシア)のワンメイクレース用競技車両やフォーミュラ4マシンなどがピットレーンに並んだ。

今回の主役であるパイロットスポーツ4Sにとって、サーキットはうってつけの舞台である。なぜならこのタイヤの真骨頂は、公道におけるスポーツ性能や安全性能に加え、サーキットでのパフォーマンスにあるからだ。

パイロットスポーツ4Sの特徴は、まずは路面がドライ、ウエットにかかわらず、高いグリップ性能を確保した点にある。特にウエットグリップには力が入っており、タイヤラベリング制度で最高レベルの“a”を獲得している。また高いコントロール性能と応答性を誇り、安定した高速性能が楽しめるとうたわれている。公道での基本性能からサーキット走行に求められるスポーツ性までと、パイロットスポーツ4Sがカバーする領域は広い。

聞けば、フェラーリの新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」をはじめ、同じくフェラーリの「GTC4ルッソ」やメルセデスAMGの「E63」および「E43」の2017年モデルへの純正装着が決定しており、それ以外にも60を超える新型車両に装着するプロジェクトが進行中という。位置付けとしては2011年に発売された「パイロットスーパースポーツ」の後継製品であり、その世代交代は順調に進んでいるようだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事