第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
インポーターに聞きました~テスラ編~

2017.05.15 JAIA輸入車試乗会2017
 
第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?インポーターに聞きました~テスラ編~の画像拡大

2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?

「ファルコンウイングドア」と呼ばれる特徴的なリアドアを持つ「モデルX」。各種センサーにより、跳ね上げたときに壁や天井に当たりそうになると自動的に停止する。
「ファルコンウイングドア」と呼ばれる特徴的なリアドアを持つ「モデルX」。各種センサーにより、跳ね上げたときに壁や天井に当たりそうになると自動的に停止する。拡大
「モデルX」のシートは、クルマのシートというよりも、普通のイスに近い形状。特にリアシートはフロアと1本のフレームを通してつながっており、レイアウトの自由度が高まっている。
「モデルX」のシートは、クルマのシートというよりも、普通のイスに近い形状。特にリアシートはフロアと1本のフレームを通してつながっており、レイアウトの自由度が高まっている。拡大
インタビューに応じていただいた、テスラの土肥亜都子さん。具体的な数字は秘密とのことですが、「モデルX」のデリバリーはすごく順調に進んでいるそうです。
インタビューに応じていただいた、テスラの土肥亜都子さん。具体的な数字は秘密とのことですが、「モデルX」のデリバリーはすごく順調に進んでいるそうです。拡大

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

第3の車種であるSUVタイプの「モデルX」を発売したことで「モデルS」の販売にも弾みがつきました。おかげさまで日本参入以来、最高の売り上げを記録することができました。モデルXについては、1月から納車が始まっています。

――現在、販売をけん引している車種、またイチオシの車種はどのモデルですか?

「モデルS P100D」ですね。一度の充電での最大航続距離は613km、0-100km/hは2.7秒で、実用性とスポーティーなパフォーマンスを両立しています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

モデルS、モデルXともに、新しいハードウエアを搭載したモデルの納車が始まりました。将来的にソフトウエアをアップデートすることで、完全自動運転にも対応できる車両となります。そのときにはぜひ試してみてください。

――全国のwebCG読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

2017年、テスラは皆さまに素晴らしい電気自動車の体験をご提供できるよう、店舗、サービスロケーション、チャージングステーションとも全国に拡張してまいります。東京と大阪の店舗だけでなく、全国で試乗イベントを展開していきますので、ご希望がありましたらお問い合わせください。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 日本が生んだ孤高のサルーン
    新型「センチュリー」はここがすごい!
    2018.8.10 デイリーコラム 2018年7月、3代目となる新型「トヨタ・センチュリー」の車両説明会が開かれた。脈々と作られてきた国内専用ショーファードリブンカーの、ほかの高級車では得がたい魅力とは何か? 試乗した印象も含めてリポートする。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
ホームへ戻る