【F1 2017 速報】第5戦スペインGP、激戦の末ハミルトン2勝目

2017.05.14 自動車ニュース

F1世界選手権第5戦スペインGPの決勝が、2017年5月14日、スペインのサーキット・デ・バルセロナ・カタルーニャ(4.655km)を66周して行われた。

今季3度目のポールポジションを決めたメルセデスのルイス・ハミルトンだったが、スタートでフェラーリのセバスチャン・ベッテルにトップを奪われ、以降は赤いマシンを追う展開に。ドライバーとチームが一丸となった総力戦の末、メルセデスがフェラーリをコース上で抜き去り、ハミルトンが今シーズン2勝目、自身通算55勝目を飾った。

ベッテルは3.4秒差で2位フィニッシュ。ハミルトンとはホイールを当てながら激しいつばぜり合いを繰り広げたが、最後のスティントで敗れた。

3位はレッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルド。キミ・ライコネン、バルテリ・ボッタスとトップ2チームから1台ずつリタイアが出たことで転がり込んできた今季初表彰台である。

セルジオ・ペレス4位、エステバン・オコン5位とフォースインディア・メルセデスは5戦連続のダブル入賞。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが健闘し6位でチェッカードフラッグを受けた。トロロッソ・ルノーのカルロス・サインツJr.は母国ファンの前で7位。ザウバー・フェラーリはパスカル・ウェーレインが8位でゴールし今季初ポイントを手にした。トロロッソのダニール・クビアト9位、ハース・フェラーリのロメ・グロジャンが10位でフィニッシュし、それぞれポイントを獲得した。

以下、11位マーカス・エリクソン(ザウバー)、12位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、13位フェリッペ・マッサ(ウィリアムズ・メルセデス)、14位ケビン・マグヌッセン(ハース)、15位ジョリオン・パーマー(ルノー)、16位ランス・ストロール(ウィリアムズ)が完走した。

ベッテルが104点でポイントリーダーの座を守ったが、ランキング2位ハミルトンとの差は13点から6点に縮まった。3位ボッタス63点、4位ライコネン49点に次いで、37点のリカルドが5位に上がった。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス161点、2位フェラーリ153点、3位レッドブル72点、4位フォースインディア53点、5位トロロッソ21点という順位となる。

(文=bg)

 
【F1 2017 速報】第5戦スペインGP、激戦の末ハミルトン2勝目の画像

関連キーワード:
F1 2017モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事