クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)

小さくてもエリート 2017.05.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。

アウディの苦悩を感じるデザイン

アウディQ2という車名には、深い意味があるのだろうかと一瞬思いました。アウディにとって「2」という数字は欠番だったので。かつては「A2」が存在したが、あれが生産中止になってからは2がない、たぶん。1、3、4、5、6、7、8とあるのに2がない。その2がついに登場! よっぽど満を持しての登場なのかと。

しかしどうもそうではないらしい。プラットフォームは「A1」ではなく「A3」と共通だが、エンジンはA1でおなじみの1リッター3気筒ターボが主力。だから真ん中を取ってQ2。なにせ「Q3」はもうあるし。そういうことなのだろう。

サイズも確かに“2”だ。A1よりはかなり大きいけれどQ3よりは確実に小さい。全高が1530mmしかないのでコンパクト感は相当強い。おかげで立体駐車場にも入る(幅があるので、全部ではないですが)。

コンパクト感が強いと見た目の押しは弱くなるが、そこはスタイリングで補っている。「ポリゴン(多角形)をモチーフにしたデザイン」とのことだが、ポリゴンと聞いて思い出すのは「ランボルギーニ・アヴェンタドール」。傘下ブランドの圧倒的な押しを一部移植ということか。

フォルムを見ると、アウディデザインのもがきを感じる。一時代を築きまくったアウディの緻密・清潔デザインだが、次のステップへの脱皮に苦しんでいる。もう上品ぶってもいられない、ちょっとエグいくらいにしないと殻を破れない。Q2はサイズも小さいし、多少羽目を外してもよかんべ。そういうことで調和より大胆で目立つ造形を多用している。つまりアウディの「ジューク」ですね!

2017年4月26日に日本導入が発表された「アウディQ2」。同年6月中旬にはデリバリーが開始される。
2017年4月26日に日本導入が発表された「アウディQ2」。同年6月中旬にはデリバリーが開始される。拡大
水平基調でデザインされたインテリア。MMIナビゲーションシステム装着車のダッシュボードには、写真のように8.3インチディスプレイがレイアウトされる。
水平基調でデザインされたインテリア。MMIナビゲーションシステム装着車のダッシュボードには、写真のように8.3インチディスプレイがレイアウトされる。拡大
今回の試乗車は、「Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」をベースとする限定車「Q2ファーストエディション」。「S lineパッケージ」や「セーフティパッケージ」などが標準装備となる。
今回の試乗車は、「Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」をベースとする限定車「Q2ファーストエディション」。「S lineパッケージ」や「セーフティパッケージ」などが標準装備となる。拡大
リアコンビランプも多角形がモチーフ。ウインカーの光線が車体外側に流れるように見える「ダイナミックターンインディケーター」が備わる。
リアコンビランプも多角形がモチーフ。ウインカーの光線が車体外側に流れるように見える「ダイナミックターンインディケーター」が備わる。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

よく見れば“いいお値段”

グリルは六角形から八角形になってどことなくバランスが崩れ、フロント両サイドのエアインテーク状のポリゴンも崩れた形状で目を引く分、車体幅を広く見せるのに役立っている。

極めつけはリアピラーがシルバーに塗色されていることだ。これを「ブレード」と呼ぶそうです。明らかな違和感狙いの存在感増し。さすがにジュークほどはじけられないけど、アウディとして精いっぱい羽目外してみました。そういうことでしょう! サイドのウエストラインを一部ノミで削り取ったような部分も、「ガチャガチャしてるな」という微妙な違和感で人の潜在意識に働きかける高等戦術とお見受けしました。

価格は300万円を切る299万円から。アウディとしては猛烈に安い! ただこの最廉価グレード(1.0 TFSI)は、リアピラーがボディー同色で「ブレードなし」です。なんか差をつけられた感がありますね。結局ほとんどの人が一番下は買わない気がします。

ただ、その上の1.0 TFSIスポーツは大幅に高くなって364万円に。そして今回乗ったのはQ2発売記念の導入限定モデル「ファーストエディション」だ。エンジンはQ3でもおなじみの1.4リッター4気筒ターボに格上げとなり、フル装備で490万円! この瞬間がアウディだよね。せめてもの救いは、この限定モデルはフル装備すぎて、オプションがのってないことでしょう。

「Q2」には、ほかのアウディ車に見られる六角形とは異なる、八角形のフロントグリルが採用されている。
「Q2」には、ほかのアウディ車に見られる六角形とは異なる、八角形のフロントグリルが採用されている。拡大
ドアパネルには、ショルダーラインをそぎ落としたような特徴的なデザイン処理が施される。
ドアパネルには、ショルダーラインをそぎ落としたような特徴的なデザイン処理が施される。拡大
「Q2ファーストエディション」には、背もたれにS lineロゴが入ったクロス・レザーシートが装着される。
「Q2ファーストエディション」には、背もたれにS lineロゴが入ったクロス・レザーシートが装着される。拡大
「バーチャルコックピット」は標準装備。液晶のメーターパネルに、Googleマップを使ったカーナビの地図を表示することができる。
「バーチャルコックピット」は標準装備。液晶のメーターパネルに、Googleマップを使ったカーナビの地図を表示することができる。拡大

あらゆる面でストレスフリー

アウディのニューモデルに乗るたびに、「足硬いな……」と辟易(へきえき)するのが定番だったのは、何年くらい前までだったか。今でも条件反射で身構えて、路面からの突き上げが内臓にこないように腹に力を込めてしまうが、Q2の足まわりはかなりしなやかだ。

もちろんアウディなのでエリートっぽいスポーティーさは健在ながら、内臓にダメージを食らいつつ「これがエリートのノブレスオブリージュ」と耐える必要はない。Q2の足のセッティングは、日常性とエリート感のいい感じの妥協点だ。ドライブモードを「コンフォート」にするとさらに少し日常寄りになって、これなら体幹鍛えてない民草でもOKなレベルです。個人的には、ワインディング含めあらゆるシーンでコンフォートが良かった。

SUVとしてはかなり全高の低いQ2だが、その恩恵はフツーに走っていても実感できる。重心が低くてステアリングレスポンスがシャープだし、段差を斜めに乗り越えるようなシーンでも、体が左右に揺すられる度合いが小さい。ぶっちゃけフツーの乗用車レベルと言っていい。その分見晴らしもかなりフツーだが、乗降性もイイので、個人的にはSUVはこれくらい低めが好きです。

エンジンは前述のように4気筒1.4ターボ。いまさら書くまでもないおなじみのパワーユニットで、相変わらず性能はしっかり出ている。低い回転からトップまで太いトルクが湧き出し、トップエンドの吹け上がりも十分スムーズ。特に快感のようなものはないけれど、ストレスはまったくないし動力性能は十分という仕事人だ。

「Q2ファーストエディション」には、スポーツサスペンションが装着される。ドライビングモードは、5種(コンフォート/オート/ダイナミック/エフィシェンシー/インディビジュアル)から選択可能。
「Q2ファーストエディション」には、スポーツサスペンションが装着される。ドライビングモードは、5種(コンフォート/オート/ダイナミック/エフィシェンシー/インディビジュアル)から選択可能。拡大
トランスミッションはデュアルクラッチ式の7段ATのみ。シフトレバーの手前には、インフォテインメントシステムの操作スイッチが並ぶ。
トランスミッションはデュアルクラッチ式の7段ATのみ。シフトレバーの手前には、インフォテインメントシステムの操作スイッチが並ぶ。拡大
センターコンソールのスイッチ類。左上に走行モードの選択ボタンがレイアウトされる。エアコンは左右独立式。
センターコンソールのスイッチ類。左上に走行モードの選択ボタンがレイアウトされる。エアコンは左右独立式。拡大
燃費を向上させる気筒休止システムを搭載する1.4リッター直4ターボエンジン。最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する。
燃費を向上させる気筒休止システムを搭載する1.4リッター直4ターボエンジン。最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する。拡大

クワトロを思わせる安定感

エンジンの小ささと軽さは、軽快な身のこなしも生んでいる。重心も低めだけどノーズも軽い。重量配分はもちろんフロント寄りだが、体感的には4輪に均等に重量がのって自由自在に曲がる感じ。決してリアは出ないけどフロントも逃げない。飛ばすほどに足はしっとりしなやかに感じられ、「これがエリートの世界やね」と納得させられた。実は試乗中はクワトロだと思いこんでいたのですが、Q2はいまのところ全車FF! マジで!? すごい4輪の張り付き感だ。

高速巡航では少し動きがシャープすぎる感じもありますが、なんせコンパクトSUVなのでこれでいいと思います。走りに関しては文句ない。「どうでした?」と問われれば「言うことナス」と返すしかない。

これでエンジンが3気筒の1リッターターボだとどうなるのだろう。さらに重心は低くなりノーズは軽くなり、そこらの四つ角を曲がるだけでもある種の甘美さが生まれたりするのではないか。あの3気筒ターボエンジンは、無味無臭な仕事人である4気筒ターボより「コロロロロ~」と回転フィールに快感があった。パワーは小さいけどそっちの方が気持ちいいのではないかと個人的には予想します。

さすがにA1ではちょっと小さすぎるし狭すぎるし3ドアだから不便、と感じる富裕層の奥さまにとって、5ドアのQ2は、後席のスペースにもご満足いただける余裕がある。なんせベースはA3なので、足元の広さはそれに準じ、頭上空間はA3以上。後席に座ると床面がヤケに低く、お子さまや小柄な女性は、足の裏がぺったりつかなくて疲れるかもという懸念はあるが、そこがOKなら、Q2はアーバンなファミリーカーとして、皆さまのステキな足になるでしょう。言うことナス。

(文=清水草一/写真=荒川正幸/編集=関 顕也)

ヘッドランプ(写真)はLED式。「Q2」では、エントリーモデルの「1.0 TFSI」のみハロゲンヘッドライトが採用される。


	ヘッドランプ(写真)はLED式。「Q2」では、エントリーモデルの「1.0 TFSI」のみハロゲンヘッドライトが採用される。
	拡大
身長175cmの筆者が、運転席を自然なドライビングポジションに合わせた上で、後席に着座した様子。頭上やひざ前のクリアランスは、ご覧の通り。
身長175cmの筆者が、運転席を自然なドライビングポジションに合わせた上で、後席に着座した様子。頭上やひざ前のクリアランスは、ご覧の通り。拡大
荷室の容量は、5人乗車時で405リッター。後席の背もたれを倒すことで最大1050リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、5人乗車時で405リッター。後席の背もたれを倒すことで最大1050リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大
「Q2」は、ドイツ・インゴルシュタットにある「A3」と同じ生産ラインで作られる。
「Q2」は、ドイツ・インゴルシュタットにある「A3」と同じ生産ラインで作られる。拡大

テスト車のデータ

アウディQ2ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4205×1795×1520mm
ホイールベース:2595mm
車重:1340kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150ps(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)215/50R18 92W /(後)215/50R18 92W(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:17.9km/リッター(JC08モード)
価格:490万円/テスト車=490万円
オプション装備:なし ※テスト車「Q2ファーストエディション」の主な装備:オプションカラー(タンゴレッドメタリック)/オートマチックテールゲート/バーチャルコックピット/セーフティパッケージ(アクティブレーンアシスト+トラフィックジャムアシスト+サイドアシスト+リアクロストラフィックアシスト+ハイビームアシスト+プレセンスベーシック)/ナビゲーションパッケージ(MMIナビゲーションシステム+スマートフォンインターフェイス+8スピーカー)/デコラティブパネルフォーマット(アンビエントライティング)+アンビエントライティングステアリング+ホイール3スポークレザー マルチファンクションシフトパドルフラットボトム+S lineパッケージ(S lineステアリングホイールエンブレム+ヘッドライニングブラック+ドアシルトリムS line+ステンレススチールフットペダル+クロス・レザーシートS lineロゴ+S lineエクステリアロゴ+スポーツバンパー+スポーツサスペンション+アルミホイール 5スポークYデザイン 7J×18 215/50R18タイヤ)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:964km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディQ2ファーストエディション
アウディQ2ファーストエディション拡大
限定車「Q2ファーストエディション」には、通常は設定のないドレスアップオプション「S lineパッケージ」が与えられる。写真は、フェンダー部分のエンブレム。
限定車「Q2ファーストエディション」には、通常は設定のないドレスアップオプション「S lineパッケージ」が与えられる。写真は、フェンダー部分のエンブレム。拡大

関連キーワード:
Q2アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事