アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)

小さくてもエリート 2017.05.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。

アウディの苦悩を感じるデザイン

アウディQ2という車名には、深い意味があるのだろうかと一瞬思いました。アウディにとって「2」という数字は欠番だったので。かつては「A2」が存在したが、あれが生産中止になってからは2がない、たぶん。1、3、4、5、6、7、8とあるのに2がない。その2がついに登場! よっぽど満を持しての登場なのかと。

しかしどうもそうではないらしい。プラットフォームは「A1」ではなく「A3」と共通だが、エンジンはA1でおなじみの1リッター3気筒ターボが主力。だから真ん中を取ってQ2。なにせ「Q3」はもうあるし。そういうことなのだろう。

サイズも確かに“2”だ。A1よりはかなり大きいけれどQ3よりは確実に小さい。全高が1530mmしかないのでコンパクト感は相当強い。おかげで立体駐車場にも入る(幅があるので、全部ではないですが)。

コンパクト感が強いと見た目の押しは弱くなるが、そこはスタイリングで補っている。「ポリゴン(多角形)をモチーフにしたデザイン」とのことだが、ポリゴンと聞いて思い出すのは「ランボルギーニ・アヴェンタドール」。傘下ブランドの圧倒的な押しを一部移植ということか。

フォルムを見ると、アウディデザインのもがきを感じる。一時代を築きまくったアウディの緻密・清潔デザインだが、次のステップへの脱皮に苦しんでいる。もう上品ぶってもいられない、ちょっとエグいくらいにしないと殻を破れない。Q2はサイズも小さいし、多少羽目を外してもよかんべ。そういうことで調和より大胆で目立つ造形を多用している。つまりアウディの「ジューク」ですね!

2017年4月26日に日本導入が発表された「アウディQ2」。同年6月中旬にはデリバリーが開始される。
2017年4月26日に日本導入が発表された「アウディQ2」。同年6月中旬にはデリバリーが開始される。
水平基調でデザインされたインテリア。MMIナビゲーションシステム装着車のダッシュボードには、写真のように8.3インチディスプレイがレイアウトされる。
水平基調でデザインされたインテリア。MMIナビゲーションシステム装着車のダッシュボードには、写真のように8.3インチディスプレイがレイアウトされる。
今回の試乗車は、「Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」をベースとする限定車「Q2ファーストエディション」。「S lineパッケージ」や「セーフティパッケージ」などが標準装備となる。
今回の試乗車は、「Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」をベースとする限定車「Q2ファーストエディション」。「S lineパッケージ」や「セーフティパッケージ」などが標準装備となる。
リアコンビランプも多角形がモチーフ。ウインカーの光線が車体外側に流れるように見える「ダイナミックターンインディケーター」が備わる。
リアコンビランプも多角形がモチーフ。ウインカーの光線が車体外側に流れるように見える「ダイナミックターンインディケーター」が備わる。
関連記事
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • 第409回:「アウディQ2」のデザイナー
    若者が求める“クルマ像”を語る
    2017.5.8 エディターから一言 アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る