クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)

変わっていることだけが魅力ではない 2017.05.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、遠くまで走ってこそ真価が光る快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。

DSって知ってますか?

DSシリーズだけを分離、独立、新たなブランドとして展開する戦略をプジョー・シトロエンが打ち出したのは2年前のこと。日本でもようやくこの3月に初の専売店である「DS STORE滋賀」が、4月には2号店の「DS STORE名古屋」がオープンした。とはいえ、売っているモデルは当面これまで通りなので、ある日突然、それまでの名前が変わりましたと言われても、はいそうですか、という具合にはならないだろう。

60年以上も前の1955年に登場したオリジナルの「シトロエンDS」が先進的な車であったことは疑いないものの、少なくとも日本ではDSがどれほどユニークな車だったかを知る人はかなりのクルマ好きに限られるはずであり、いまさらそれを持ち出されても「DS」の何たるかを理解するのは難しい。自動車の歴史において机上で立案したブランド戦略が成功した例はまずない。近年ではBMW MINIという例外もあるけれど、あの場合はオリジナル・ミニのデザインを巧妙に利用することでアピールできた。トヨタが威信をかけたレクサスでさえ、日本での展開から10年以上たった今もメルセデスやBMWの国内販売台数に届かない現状を見れば、その難しさは明らかだろう。

もちろん、だからこそ挑戦しがいもあるわけだが、プジョー/シトロエンとは違う、プレミアムでラグジュアリーなブランドとして認められるかどうかは今後のプロダクトの出来栄え次第である。革新的、前衛的と言うは易しいが、どのメーカーもコンポーネンツの共用化に腐心するこのご時世に、どうやってユニークな製品を生み出すのか。もともとシトロエン自体、風変わりでユニークであることを特徴としていたから、さらに違いを生み出すのは生易しいことではないだろう。

それまで1.6リッターのガソリンユニットだけだった「DS 5」のラインナップに、2リッターディーゼル搭載の「シックBlueHDiレザーパッケージ」が加わったのは2017年1月のこと。車両価格は497万円。
それまで1.6リッターのガソリンユニットだけだった「DS 5」のラインナップに、2リッターディーゼル搭載の「シックBlueHDiレザーパッケージ」が加わったのは2017年1月のこと。車両価格は497万円。拡大
ほどよくタイトなコックピットはクーペをほうふつとさせる。2本1組で構成されるAピラーがユニーク。
ほどよくタイトなコックピットはクーペをほうふつとさせる。2本1組で構成されるAピラーがユニーク。拡大
180psと400Nmを生み出す2リッター直4ディーゼルターボユニット。JC08モード燃費は17.3km/リッター。
180psと400Nmを生み出す2リッター直4ディーゼルターボユニット。JC08モード燃費は17.3km/リッター。拡大
試乗車のボディーカラーは「ブルーアンクル」と呼ばれる紺のメタリック。
試乗車のボディーカラーは「ブルーアンクル」と呼ばれる紺のメタリック。拡大

スムーズで力強いBlueHDi

「シトロエンDS 5」から「DS 5」に名乗りを変えたものの、見た目は従来通りのクロスオーバー風ハッチバックボディーに、2リッターディーゼルターボを積んで今年の初めに追加されたのがこの「シックBlueHDi」である。レザーシートなど各種装備が充実したDS 5のトップグレードの価格はほぼ500万円、日本市場ではプジョー・シトロエン全体でも一番の高価格モデルでもある。エンジンはひと足早く「プジョー308」や「508」に搭載されたものと同じ「BlueHDi」と称するSCR触媒付きの4気筒直噴ディーゼルターボで、180ps(133kW)/3750rpmと400Nm(40.8kgm)/2000rpmを生み出す。

ディーゼルターボ特有のモリモリ湧き出すトルクは実に強力で、しかも滑らかで走っている限りは静かといっていい。他のメーカーの最新のディーゼルターボに比べても遜色なく、たとえばマツダのディーゼルユニットよりもスムーズで扱いやすい。それにはアイシン・エィ・ダブリュ製の6ATとの相性も貢献しているようだ。聞くところによると、この6ATは非常に高効率なプジョー・シトロエン専用品だという。ちなみに、つい先日本国で発表された308のマイナーチェンジ版には同じくアイシン製8段ATが搭載されるという。ルノーと共同開発した4ATで我慢するしかなかった頃とは実に隔世の感がある。

1.6リッターディーゼルターボ(120psと300Nm)を積むプジョー308でもまったく不足のない走りっぷりを見せるのだから当然だが、多少車重がかさむとはいえ2リッター版はさらに余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)だ。ドイツ勢に比べてクリーンディーゼル車の日本導入はやや遅れたが、もともとディーゼルには経験豊富なフランス車ゆえ、今後は強力な武器になるだろうと思われる出来栄えだ。

セミアニリンレザーを用いた「クラブレザーシート」が標準で装着される。
セミアニリンレザーを用いた「クラブレザーシート」が標準で装着される。拡大
ユニークな分割式グラスルーフの「コックピットルーフ」。ルーフコンソールとともに航空機の雰囲気を演出している。
ユニークな分割式グラスルーフの「コックピットルーフ」。ルーフコンソールとともに航空機の雰囲気を演出している。拡大
試乗車のシートカラーは「クリオロ」と呼ばれるダークブラウン。
試乗車のシートカラーは「クリオロ」と呼ばれるダークブラウン。拡大
トランクルームの容量は465リッター(VDA方式)。6:4分割可倒式の後席にはダブルフォールディング機構が採用されている。
トランクルームの容量は465リッター(VDA方式)。6:4分割可倒式の後席にはダブルフォールディング機構が採用されている。拡大

実は優れたグランドツアラー

車重は1690kgとこのクラスとしてはかなり重いほうで、またパワーステアリングの手応えもネットリ重めであるため、明らかにスパスパ曲がる俊敏な身のこなしを狙ったものではない。だが、前輪の荷重を意識してステアリングを切った後は、安定してジワーッとコーナリングする、いかにも前輪駆動(FWD)モデルらしい挙動がうれしい。近頃はとにかくピーキーに鼻先を動かすのがトレンドかもしれないが、フロントタイヤの状態を意識しながらステアリングやスロットルを操作するのがFWDの定石である。そうやって走ればスタビリティーは非常に高く、実に頼もしい限りだ。

乗り心地は重厚で、しかも何だか昔のハイドロニューマチックをほうふつとさせるゆっくりとした上下動でボディーの動きを収束させる。舗装の荒れた部分を発見しても、ブレーキを踏まずに突破する気になるほど足まわりはタフだが、ただし橋の継ぎ目のような段差は要注意だ。両輪一緒に突起を越える際にはバシン、ドシンという意外に強い突き上げを感じることもあるが、それもまた昔のシトロエンのようで個人的には懐かしく感じた。高速道路も当然ながらビシリ真っすぐ走る。グランドツアラーと大上段に構える雰囲気ではないけれど、実は快適にリラックスしながら、一気に遠くまで走ってこそ真価が光る車である。

ワインディングロードでは、前輪の荷重を意識しながらステアリングやスロットルを操作する、前輪駆動モデルならではの挙動がうれしい。
ワインディングロードでは、前輪の荷重を意識しながらステアリングやスロットルを操作する、前輪駆動モデルならではの挙動がうれしい。拡大
中央にスピードメーター、左にタコメーターが配置される。タコメーターのレッドゾーンは4750rpmから。
中央にスピードメーター、左にタコメーターが配置される。タコメーターのレッドゾーンは4750rpmから。拡大
トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の6AT。
トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の6AT。拡大
BlueHDiには、酸化触媒、SCR(選択還元触媒)、DPF(微粒子フィルター)という3ステップの排ガス後処理システムが装着されている。
BlueHDiには、酸化触媒、SCR(選択還元触媒)、DPF(微粒子フィルター)という3ステップの排ガス後処理システムが装着されている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

乗れば乗るほど気に入ったが……

DS 5は単なるハッチバックというよりモノフォルムのクロスオーバー的なスタイルで、車高も最近はやりのコンパクトSUVと同じぐらいの高さだが、室内は特に広々としているわけでもない。コックピットルーフと称する天窓付きの天井から外光はふんだんに差し込むのだが、そのおかげで頭上にはあまり余裕がなく、インテリアの仕立ては全体的にタイトな雰囲気だ。単に広々としたスペース優先ではなく、居心地を重視していることはレザーシートのクッションが分厚く、サイズも大きめであることからも分かる。これはプジョーでも同様だが、座面が長く太ももの裏側をしっかり支えてくれるシートは、ロングドライブでは大変効く。近所のスーパーに行くだけなら、日本の小型車の丸椅子のような小さく薄いシート(室内が広く見えるし畳みやすい)でも問題ないが、長く走るにはまるで向かない。フランス車はシートがいい、と十把ひとからげに言える時代ではないが、DSについてはぜいたくで機能的であることは間違いない。

乗っているうちにどんどん気に入ってくるDS 5だが、問題はやはり値段だ。同じ2リッターターボディーゼルを積む「プジョー308SW」の「GT」でもおよそ380万円だから、装備の違いがあるとはいえ100万円強の値段差がある。安全運転支援システムに大きな差があるわけでもなく、レザーシートとデザインがちょっと変わっているというだけでは納得させられない違いだ。そもそもユニークであることそれ自体が目標になっては、まるで先進的とは言えない。今年中にはSUVの「DS 7」が導入される予定で、さらにもっとラグジュアリーなモデルも登場するはずだ。このDS 5が“普通”に思えるぐらい(それは悪いことではない)、今後のDSブランド専用モデルがアバンギャルドであることを期待しよう。

(文=高平高輝/写真=田村 弥/編集=竹下元太郎)

浅間山を背景に二度上(にどあげ)峠を行く「DS 5」。乗り心地は重厚で、昔のハイドロニューマチック・サスペンションをほうふつとさせる上下動を見せる。
浅間山を背景に二度上(にどあげ)峠を行く「DS 5」。乗り心地は重厚で、昔のハイドロニューマチック・サスペンションをほうふつとさせる上下動を見せる。拡大
タイヤサイズは前後とも225/50R17。試乗車は「ミシュラン・プライマシー3」を装着していた。
タイヤサイズは前後とも225/50R17。試乗車は「ミシュラン・プライマシー3」を装着していた。拡大
ボディーの左側面と後方に備わるカメラの映像は、このようにルームミラーに映し出される。
ボディーの左側面と後方に備わるカメラの映像は、このようにルームミラーに映し出される。拡大
今回は試乗距離は約470km。満タン法燃費は16.2km/リッターとなった。
今回は試乗距離は約470km。満タン法燃費は16.2km/リッターとなった。拡大

テスト車のデータ

DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4535×1870×1530mm
ホイールベース:2725mm
車重:1690kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:180ps(133kW)/3750rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000rpm
タイヤ:(前)225/50R17 98V/(後)225/50R17 98V(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:17.3km/リッター(JC08モード)
価格:497万円/テスト車=505万0460円
オプション装備:メタリックペイント(7万0200円)/ETC(1万0260円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:3170km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:468.7km
使用燃料:29.0リッター(軽油)
参考燃費:16.2km/リッター(満タン法)/15.8km/リッター(車載燃費計計測値)

DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ
DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ拡大
 
DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
DS 5DS5DSシトロエン試乗記

あなたにおすすめの記事
この記事を読んだ人が他に読んだ記事