第2回:2017年のナンバーワンはこれだ!
輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)

2017.05.16 JAIA輸入二輪車試乗会2017
 
第2回:2017年のナンバーワンはこれだ!輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像

魅力的な輸入バイクが一堂に会するJAIA輸入二輪車試乗会。開催3年目にしてようやくの快晴となった会場から、「アプリリアRSV4 RF」「KTM125デューク」「KTM1290スーパーデュークR」「BMW Cエボリューション」の4台の走りをリポートする。

「アプリリアRSV4 RF」
「アプリリアRSV4 RF」
 
第2回:2017年のナンバーワンはこれだ!輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像
 
第2回:2017年のナンバーワンはこれだ!輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像
 
第2回:2017年のナンバーワンはこれだ!輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2055×735×1120mm
ホイールベース:1435mm
重量:204kg
エンジン:999cc 水冷4ストローク V型4気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:201ps(148kW)/13000rpm
最大トルク:115Nm(11.7kgm)/10500rpm
価格:275万円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2055×735×1120mm
	ホイールベース:1435mm
	重量:204kg
	エンジン:999cc 水冷4ストローク V型4気筒 DOHC 4バルブ
	最高出力:201ps(148kW)/13000rpm
	最大トルク:115Nm(11.7kgm)/10500rpm
	価格:275万円

「その存在を目の当たりにできただけで光栄です」
アプリリアRSV4 RF……275万円

この原稿を書いている日曜日にも某国はミサイル実験を強行するという不穏な時節柄、こういう表現は不適切かもしれませんが、アプリリアの「RSV4 RF」はほぼ兵器です。「保安部品を付けたレーシングマシン」という四輪界でも通じる典型的な言い回しのほうが穏やかだとは思いますよ。ましてや兵器なんて物騒な言葉を用いても、RSV4 RFがその秘めたるスペックをフルに発揮するのは(または発揮できるのは)、一般社会から隔絶された非日常的なサーキットという場所に限られるし。

それはさておき、こうした過激なプロダクトが二輪界ではいまだ健在である事実は、何というかよろこばしいです。ある意味で平和な社会を反映しているとも言えるし。

2017年モデルの最大のトピックとして取り上げるべきは、既存モデルの185psからクラス最高レベルの201psまでエンジン出力を高めながら、主に排ガス規制を強化した最新ルールのユーロ4をクリアしたことで間違いないと思います。このルールによって幾多のモデルがカタログ落ちを余儀なくされるそうですが、アプリリアが超ハイスペックモデルで厳しい規制をクリアした点は立派ですね。

もうひとつ特筆すべきなのが、レース譲りの、というかレース設定そのままの電子制御システム。RSV4 RFを最新鋭の高精度兵器に仕立てる、APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)です。トラクション、ウイリー、ローンチ等のコントロールを最適化するのは当然のこと、サーキットにしかないピットレーンの制限速度を守るためのリミッターまで備わっております。こうした電子制御技術の発展が現在のモンスターマシンを支えているのが実情なのでしょう。でないと人間が扱えるレベルにとどまらないんだろうなあ。

ずいぶん前に乗ったアプリリアのV4エンジンはガサガサと荒れた感じで、今回の新型にもその雰囲気は残っていた。しかし、最新テクノロジーをまとったせいか、全体的に理性的な印象を受けました。「トリガーを引いた分だけの正確な反応を示します」と冷静に訴えかけるかのごとく。ごく平凡な民間人にすれば、「その存在を目の当たりにできただけで光栄です」とお答えする以外にないのだけど。

(文=田村十七男/写真=三浦孝明)

新着記事