第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!

2017.05.17 エディターから一言
4WD化される新型「BMW M5」のプロトタイプに南仏のテストコースで試乗した。
4WD化される新型「BMW M5」のプロトタイプに南仏のテストコースで試乗した。

「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。モータージャーナリストの西川 淳は、そのプロトタイプに試乗するために、南フランスのテストコースに向かった。

 
第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!の画像
 
第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!の画像
 
第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!の画像
 
第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!の画像

4WDだがFRモードも選べる

G30型へと進化した7世代目「5シリーズ」。世間の評価は非常に高く、筆者などはポルトガルにおけるその初乗り以来、欧州Eセグメントにおける新たなスタンダードが登場した、と評してきた。そして、高いポテンシャルに触れた瞬間から、これをベースモデルとした、ラインナップの頂点となるM5の登場を、大いに待ち望んだひとりでもあった。

1984年のデビュー以来、アッパーミドルクラスのスポーツサルーンとして人気を博してきたM5。個人的には、最後の自然吸気ストレート6となったE34ベースや、F1サウンドもかく聞こえしエキゾーストノートが魅力だったE60のV10 M5あたりが、強烈な印象とともにいまだに“欲しいリスト”に掲載されたままである。「M3」と並んでM5は、いつの時代もクルマ好きの心を奪う、オールマイティースポーツカーだ。

もっとも、そんなM5も現行F10型ではラグジュアリー化が顕著になったと感じていたし、何よりV8ツインターボエンジンの、パワフルだけど面白みのなさが、車両の総合的な完成度の高さゆえ目立ってしまった点を残念にも感じていた。

だからこそ、ベース車両をして、軽さをひしひしと感じたG30をベースとした次世代M5の登場を、心待ちにしていたのである。

次期型M5は、この秋のフランクフルトショーでワールドプレミアされる(その前に詳細な発表があるかもしれない)。現時点(2017年5月17日)でBMW M社から明らかにされている情報は、以下の通りだ。

  • 4.4リッターV8ツインターボながら600ps以上を誇り、
  • そのハイパワー&ビッグトルクを受け止めるべくついに4WD化され、
  • にもかかわらず車両重量は現行F10型よりも軽く、
  • 0-100km/h加速は3.5 秒以下であり、
  • 完全FRモードを含む5つのドライビングプログラムを用意する。

新型M5の概要が発表される直前に、南仏プロヴァンスにある世界最大級のBMWテストコースにおいて、次期型M5のプロトタイプに乗る機会に恵まれた。ごく短い時間のトライではあったが、その印象を語ってみたい。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る