アバルト595(FF/5AT)

カルロの魂 2017.05.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。

車名変更でフィアットと差別化

車名に「アバルト」が入っていれば、「フィアット」の高性能版だろうなと想像がつく。イタリア車について多少の知識があれば当然のことだが、世間一般の常識ではない。4月に東京の代々木公園で行われた「アースデイ東京」でアバルトがサポートするNPO法人の取材をした時、話を聞く前にブランドの歴史を説明するハメになった。担当者の女性から「支援していただいているのはありがたいんですが、アバルトって何なのかよくわからないんです……」と言われたからである。

これまで「アバルト500」と呼ばれていたモデルを「アバルト595」に改名したのは、差別化を明確にするためだろう。知らない人にとっては、「フィアット500」と同じような形をしたクルマが別の名前で呼ばれていることは不可解かもしれない。以前から上級グレードには595の名が与えられていたが、ベーシックなモデルも595を名乗ることになった。この数字は、1957年デビューの2代目500をチューンしたかつてのモデルに由来している。479ccだったノーマルから拡大された排気量の数字なのだ。

現代の595に搭載されるエンジンは、もちろん595ccではない。直列4気筒1.4リッターターボエンジンで、145psの最高出力を得ている。改名と同時にマイナーチェンジが行われ、従来のMT版135ps、AT版140psからパワーが向上した。上級版の「ツーリズモ」165ps、「コンペティツィオーネ」180psには見劣りするが、リッター100psを超えるハイチューンである。

内外装にも小変更が施された。前後バンパーの形状が変更され、フロントライトがLEDになった。リアコンビネーションランプの変化が最もわかりやすい。ドーナツ状になり、真ん中はボディーの地肌がむき出しになる。インテリアでは、開放型だったトレイに代えてフタ付きのグローブボックスが採用された。

「アバルト595」のフロントマスク。よりワイド感を強調した意匠のバンパーが、従来モデルとの大きな違いだ。
「アバルト595」のフロントマスク。よりワイド感を強調した意匠のバンパーが、従来モデルとの大きな違いだ。
インテリアでは、グローブボックスやドリンクホルダーが新たに追加されたほか、ステアリングホイールの意匠が変更された。
インテリアでは、グローブボックスやドリンクホルダーが新たに追加されたほか、ステアリングホイールの意匠が変更された。
リアフェンダーパネルに装着された「595」のバッジ。2017年2月の改良に伴い、車名もそれまでの「アバルト500」から「アバルト595」に変更となった。
リアフェンダーパネルに装着された「595」のバッジ。2017年2月の改良に伴い、車名もそれまでの「アバルト500」から「アバルト595」に変更となった。
「アバルト595」には5段MT仕様と5段セミAT仕様が用意されている。今回は後者に試乗した。
「アバルト595」には5段MT仕様と5段セミAT仕様が用意されている。今回は後者に試乗した。
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る