第502回:マクロン仏大統領が「エスパス」好きで
イタリアの首相用車はこれからどうなる!?

2017.05.19 マッキナ あらモーダ!

新大統領、ミニバンにほれる

先のフランス大統領選で勝利したエマニュエル・マクロン氏が、2017年5月14日、大統領に就任した。

既存大政党の支援を受けていないこと、共和国史上最年少(39歳)の大統領であることなど、新しいことずくめである。ロイター通信が伝えるところによると、エリゼ宮での就任式に臨んだ彼のスーツは、450ユーロ(約5万6000円)だったという。日本なら「コナカ、AOKIの価格帯」である。

それはともかく、就任式の中継を見ていて僕自身にとって面白かったのは、マクロン氏がエリゼ宮に乗りつけた、その自動車である。

ずばり、「ルノー・エスパス」だったのだ。

欧州のテレビは、吉報でもバッドニュースでも、事件を報じる際はクルマの車名に言及するのが常だが、今回もフランスの一部のテレビ番組は「マクロン氏がエスパスでやってきました!」と、車名とともに紹介していた。

このエスパスに関しては、テレビ局「BFMTV」のサイトにルノー関係者の興味深い話が記されている。マクロン氏は、経済大臣時代の2014年9月、パリモーターショーの会場を訪問した際、発表されたばかりの5代目エスパスを見て即座に試乗を申し込んだという。関係者いわく「ひと目ぼれ」だったらしい。

そしてショー開催翌月の2014年10月には、まだ一般ユーザーの手に渡らぬうち自身の公用車としてエスパスのキーを手にした。

2014年のパリモーターショーに出展された「ルノー・エスパス」。このとき、将来大統領になるマクロン経済相は、同車にひと目ぼれしたという。
2014年のパリモーターショーに出展された「ルノー・エスパス」。このとき、将来大統領になるマクロン経済相は、同車にひと目ぼれしたという。
シトロエンの初代「DS」は、シャルル・ドゴール元フランス大統領にこよなく愛された。これはプライベート用に用いられた車両。
シトロエンの初代「DS」は、シャルル・ドゴール元フランス大統領にこよなく愛された。これはプライベート用に用いられた車両。
かつてドゴール元大統領がプライベートで使用していた「シトロエンDS」のインテリア。
かつてドゴール元大統領がプライベートで使用していた「シトロエンDS」のインテリア。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事