新型ランボルギーニ「アヴェンタドール」、発売

2011.09.26 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」
新型ランボルギーニ「アヴェンタドール」、発売

新型ランボルギーニ「アヴェンタドール」、発売

ランボルギーニ・ジャパンは2011年9月26日、同社のフラッグシップモデル「アヴェンタドールLP700-4」を発売した。

注目の価格は4100万2500円(税込)。同社は11月から顧客への納車を予定しており、年内には20台程度の納車を見込んでいる。また発注から納車までに18〜24カ月を必要とするため、今申し込むと「納車は2013年中になる」(ランボルギーニ・ジャパン広報部)という。

アヴェンタドールは「ムルシエラゴ」の後継モデルとして、2011年3月のジュネーブショーで発表された。モノコックおよびアウターパネルの多くにカーボンファイバーを用いサスペンションにプッシュロッド式を採用するなど、公道向けの量産車としては非常に先進的な内容になっている。

ボディーの外寸は全長4780×全幅2030×全高1136mmとムルシエラゴより大型だが、車重は約90kg軽い(アヴェンタドールLP700-4:1575kg、ムルシエラゴLP640:1665kg)。新開発の6.5リッターV12エンジンは700psを発生し、0-100km/hは2.9秒で走りきり、最高速は350km/hに達する。

アヴェンタドールという車名は、1993年10月にサラゴザ闘牛場に登場した牛の名前にちなんでいる。スペイン闘牛の世界では、その勇敢さが知られた牛であるという。ランボルギーニのモデルには「ミウラ」「イスレロ」「ムルシエラゴ」など闘牛にちなんだ車名が与えられる伝統がある。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
アヴェンタドールランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」シリーズの頂点に君臨する「ウラカン ペルフォルマンテ」。640psまで強化されたV10エンジンをはじめ、エアロダイナミクスや軽量化など、同社が誇る先進技術が投入された“完全無欠のウラカン”の走りをサーキットで試した。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールSロードスター」を日本初公開 2017.10.20 自動車ニュース アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2017年10月20日、「アヴェンタドールSロードスター」を日本で初公開した。標準仕様の車両価格は4996万9107円で、納車は2018年2月に開始される予定。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.3 試乗記
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記