新型ランボルギーニ「アヴェンタドール」、発売

2011.09.26 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」
新型ランボルギーニ「アヴェンタドール」、発売

新型ランボルギーニ「アヴェンタドール」、発売

ランボルギーニ・ジャパンは2011年9月26日、同社のフラッグシップモデル「アヴェンタドールLP700-4」を発売した。

注目の価格は4100万2500円(税込)。同社は11月から顧客への納車を予定しており、年内には20台程度の納車を見込んでいる。また発注から納車までに18〜24カ月を必要とするため、今申し込むと「納車は2013年中になる」(ランボルギーニ・ジャパン広報部)という。

アヴェンタドールは「ムルシエラゴ」の後継モデルとして、2011年3月のジュネーブショーで発表された。モノコックおよびアウターパネルの多くにカーボンファイバーを用いサスペンションにプッシュロッド式を採用するなど、公道向けの量産車としては非常に先進的な内容になっている。

ボディーの外寸は全長4780×全幅2030×全高1136mmとムルシエラゴより大型だが、車重は約90kg軽い(アヴェンタドールLP700-4:1575kg、ムルシエラゴLP640:1665kg)。新開発の6.5リッターV12エンジンは700psを発生し、0-100km/hは2.9秒で走りきり、最高速は350km/hに達する。

アヴェンタドールという車名は、1993年10月にサラゴザ闘牛場に登場した牛の名前にちなんでいる。スペイン闘牛の世界では、その勇敢さが知られた牛であるという。ランボルギーニのモデルには「ミウラ」「イスレロ」「ムルシエラゴ」など闘牛にちなんだ車名が与えられる伝統がある。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
アヴェンタドールランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
ホームへ戻る