旭化成、GLMと共同開発した電動SUVを発表

2017.05.17 自動車ニュース
コンセプトカー「アクシー」と、旭化成常務執行役員の吉田 浩氏(左)、旭化成グループキャンペーンガールの大伴理奈さん(右)。
コンセプトカー「アクシー」と、旭化成常務執行役員の吉田 浩氏(左)、旭化成グループキャンペーンガールの大伴理奈さん(右)。

旭化成は2017年5月17日、電気自動車(EV)メーカーのGLMと共同開発したコンセプトカー「AKXY(アクシー)」を初公開した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4685×1813×1562mmとなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4685×1813×1562mmとなっている。
助手席のない、3座のシートレイアウトが特徴的なインテリア。
助手席のない、3座のシートレイアウトが特徴的なインテリア。
旭化成が得意とするセンサー技術を筆頭に、さまざまな電子デバイスが用いられている。
旭化成が得意とするセンサー技術を筆頭に、さまざまな電子デバイスが用いられている。
会場裏手より、自走でステージへと向かう「アクシー」。同車には、GLMのスポーツEV「トミーカイラZZ」のプラットフォームが用いられている。
会場裏手より、自走でステージへと向かう「アクシー」。同車には、GLMのスポーツEV「トミーカイラZZ」のプラットフォームが用いられている。

アクシーは「自動車の安全・快適・環境への貢献」というテーマのもとに開発された、SUVタイプのEVである。

旭化成では、2025年までに売上高3000億円という目標を掲げて自動車事業の強化を推進しており、化学素材から電子デバイスに至るまで、幅広い事業を手がける自社の強みを訴求するためのコンセプトカーの開発を計画。2015年よりGLMとの間で協議、製作を進めてきた。

車名のAKXYとは「Asahi Kasei × You」の意で、金属材料の代替となるエンジニアリング樹脂や、快適性に優れるカーシート用人工皮革、低燃費タイヤ向けの合成ゴムなど、車両の各所に旭化成の素材製品が用いられている。また、音声処理技術を応用したコミュニケーションシステムや、ドライバーの脈派を検出できる非接触バイタルセンシングシステム、車内の空気環境をセンシングするCO2センサーなど、電子デバイスを用いた先進技術も積極的に採用。これら27項目の部材やシステムは、その多くが量産車にも導入可能なものとなっている。

一方、車両の設計や製作についてはGLMの開発チームが担当。クーペとSUVを融合したようなデザインは同社のカーデザイナー石丸竜平氏によるもので、ガルウイング方式のドアと3人乗りのインテリアも大きな特徴となっている。またスポーツEV「トミーカイラZZ」のフレームやシャシー、パワープラントを活用することで、コンセプトカーでありながら実走行が可能な設計を実現。GLMでは今後、EVのプラットフォームや設計技術などを他社に提供する「プラットフォーム事業」を本格始動するとしている。

今回発表されたアクシーは、横浜市と名古屋市で開催される「人とクルマのテクノロジー展2017(開催期間:[横浜市]5月24日~26日/[名古屋市]6月28日~30日)」において一般公開される。

(webCG)

関連キーワード:
GLM自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事