「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)

2017.05.18 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。ちまたで注目を集めるe-POWERだが、谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている? まずはその走りからチェックしていこう。

 
「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編)の画像拡大

プリウスPHVより断然スポーティー

「はっやいですねえ、このクルマ!」

箱根のいつものワインディングロードで日産ノートe-POWERの試乗を終えた谷口信輝は、開口一番、そう言い放った。しかも、同じ日にテストした「トヨタ・プリウスPHV」と比べても「全然速い!」とまで言い切ったのである。

「モーターにすごく力があって、思ったよりもスポーティーな走りが楽しめますね」
どうやらノートe-POWERの第一印象は上々だったようだ。

「サスペンションは硬めというか、しっかりめですよね。タイヤも比較的偏平率の低いスポーティーなタイプを履いているから、スポーツドライビングを意識しているのは間違いないでしょう」

で、実際にコーナリングした印象はどうだったのか?
「タイヤにぐっと荷重がかかったときのスプリングレートとかダンピングレートとかは、それなりに高いと思いますよ。プリウスPHVと比較しても、こっちのほうが高いですね。きっと、ミニサーキットとかでラップタイム計ったら、ノートe-POWERのほうが断然速いでしょう。パワー感というかモーター感は、とても気に入りました」

「ただし、ハンドリングのリニアリティーではプリウスPHVのほうが上ですね。足まわりのバランスとか味付けといった面でもプリウスPHVのほうが好みです」
谷口自身、個人的に現行「プリウス」を所有しているくらいだから、プリウスPHVのほうが波長があうのはやむを得ないところ。それでも、あの谷口が“スポーティー”とまで評したところに、このノートe-POWERの実力の一端は表れているような気がする。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
ノート日産

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る