「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場

2017.05.18 自動車ニュース
「ホンダS660 Bruno Leather Edition」
「ホンダS660 Bruno Leather Edition」拡大

本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノレザーエディション)」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6段MT仕様、CVT仕様ともに228万円。

 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像拡大

今回のブルーノレザーエディションは、上級グレードの「α」をベースに、ステアリングホイールやスポーツシート、インパネソフトパッドにジャズブラウンレザーを配した、大人の上質なコーディネートを特徴とするモデル。

ボディーカラーは特別色のベルベットマルーンメタリックのほか、プレミアムスターホワイトパール、アドミラルグレーメタリックの全3色が設定される。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックドアミラー
  • オールブラックアルミホイール
  • ジャズブラウンインテリア(スポーツレザーシート/本革巻きステアリングホイール/インパネソフトパッド)
  • 専用アルミ製コンソールプレート
  • センターディスプレイ(internavi POCKET連携)

併せてS660専用のiPhoneアプリ「REV BEAT(レブビート)S660」も発表した。これは走行データからギアチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイへの「Excellent」「Good」「Bad」の表示と音声により、ドライバーにタイミングの良しあしをフィードバックするというもの(6段MT車のみ。CVT車はシフトポジションを表示)。走行履歴をiPhoneに保存して確認できるほか、Twitterへの投稿もできる。さらに、走行を重ねることで専用楽曲などのアイテムが増えるというゲーム性も備えている。

センターディスプレイを備えたすべてのS660で使用可能で、2017年6月2日からダウンロードできる。

(webCG)

関連キーワード:
S660ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.7.20 試乗記 ホンダの軽オープンスポーツ「S660」に、走りの質を高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場。ベースモデルと比べてお値段ざっと1.3倍、シリーズ初となるスポーツカーの出来栄えやいかに!?
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.27 試乗記 ファンにとっても、メーカーにとっても待望の一台だった新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。ブランドの世界戦略を担うニューモデルは、新世代の“アルファらしさ”を体現した、作り手の強い意気込みを感じさせる力作となっていた。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.9 試乗記 戦前のクルマづくりを今日に伝える英モーガンのスポーツカー「4/4」。1936年に誕生した“新車で買えるクラシックカー”は、のぞき込んでも乗ってみても、現代のクルマとは似るところがなく、付き合うほどに発見のある興味のつきない一台だった。
ホームへ戻る