「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場

2017.05.18 自動車ニュース
「ホンダS660 Bruno Leather Edition」
「ホンダS660 Bruno Leather Edition」

本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノレザーエディション)」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6段MT仕様、CVT仕様ともに228万円。

 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像
 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像
 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像

今回のブルーノレザーエディションは、上級グレードの「α」をベースに、ステアリングホイールやスポーツシート、インパネソフトパッドにジャズブラウンレザーを配した、大人の上質なコーディネートを特徴とするモデル。

ボディーカラーは特別色のベルベットマルーンメタリックのほか、プレミアムスターホワイトパール、アドミラルグレーメタリックの全3色が設定される。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックドアミラー
  • オールブラックアルミホイール
  • ジャズブラウンインテリア(スポーツレザーシート/本革巻きステアリングホイール/インパネソフトパッド)
  • 専用アルミ製コンソールプレート
  • センターディスプレイ(internavi POCKET連携)

併せてS660専用のiPhoneアプリ「REV BEAT(レブビート)S660」も発表した。これは走行データからギアチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイへの「Excellent」「Good」「Bad」の表示と音声により、ドライバーにタイミングの良しあしをフィードバックするというもの(6段MT車のみ。CVT車はシフトポジションを表示)。走行履歴をiPhoneに保存して確認できるほか、Twitterへの投稿もできる。さらに、走行を重ねることで専用楽曲などのアイテムが増えるというゲーム性も備えている。

センターディスプレイを備えたすべてのS660で使用可能で、2017年6月2日からダウンロードできる。

(webCG)

関連キーワード:
S660ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る