第15回:ああ自動車税

2017.05.20 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
記者の元に届いた、自動車税の納税通知書。上が「ダッジ・バイパー」のもの。下は、「トライアンフ・サンダーバードスポーツ」にかかる軽自動車税の通知書だ。
記者の元に届いた、自動車税の納税通知書。上が「ダッジ・バイパー」のもの。下は、「トライアンフ・サンダーバードスポーツ」にかかる軽自動車税の通知書だ。

大排気量車のオーナーにとって、悪夢の季節がやってきた。そう、納税の季節である。日本の自動車税はエンジンがデカくなるほどに税額が増していくが、ならば希代の大排気量車「ダッジ・バイパー」では、どれほどの高みに達するのか?
これまでの人生において最高額の納税通知書を前に、webCGほったが悟りを開く。

読者の皆さまに近況報告。おや、バンパーに見慣れない模様が入っていますね。これは一体……。
読者の皆さまに近況報告。おや、バンパーに見慣れない模様が入っていますね。これは一体……。
そうです。やってしまいました。運転に慣れたころにやらかしてしまうという、まさに油断のお手本のような出来事でした。
そうです。やってしまいました。運転に慣れたころにやらかしてしまうという、まさに油断のお手本のような出来事でした。
そんなわけで、現在「バイパー」は地元の板金屋さんに入院中。修理費のお見積もりは2万円なり。いやはや、出費のかさむ春だぜ……。
そんなわけで、現在「バイパー」は地元の板金屋さんに入院中。修理費のお見積もりは2万円なり。いやはや、出費のかさむ春だぜ……。
デカビタの鯨飲はデキる編集者の証し! ……われながら、「そのうちアタマの血管が切れんじゃないの?」と不安になるときがある。
デカビタの鯨飲はデキる編集者の証し! ……われながら、「そのうちアタマの血管が切れんじゃないの?」と不安になるときがある。

思わず天を仰ぎました

読者諸兄姉の皆さま。5月ですね。

5月といえば和名で皐月(さつき)。これは旧暦の5月(新暦6月)が田植えの時期であることから広まった呼び名だそうで、早苗月(さなえつき)が略されたものだとか、耕作を示す古語の「さ」に由来するとか言われています。

……などという、スマホで調べりゃ5秒で得られる雑学などどうでもよろしい。われらジドーシャ乗りにとって5月といえば、田植えでも連休でもない。納税の季節だ。

今、わがデスクにお上から届いた白い封筒がある。自動車税の納税通知書である。正直、封を開けたくない。しかし、2017年度もアナーキーでアウトローなカーライフを楽しむためには、現実から目をそらしてはならないのである。

そんなわけで、意を決してペーパーナイフで封をびりびり。排気量に応じて自動車税を徴収する日本国が、8リッターのバイパーに課した税額がこれだ。ばーん。

11万1000円

……これは、マジか。覚悟していたとはいえ、さすがにちょっと気が遠くなった。

いやいや。これは高い! 高すぎでしょう! 文句ナシに高いよ。
だってアナタ、自動車を1台持ってるってだけで2ケタ万円の課税ですよ? 一発免停クラスのスピード違反だって、罰金は上限10万円だっていうのに。私、なんか悪いことしましたかねえ!?

……軽く頭に血が上ったので、デカビタ飲んでクールダウン。
まあ確かに、相対的に見ると「8リッターもあるのに11万1000円で済む」と言えなくもない。何せ、1.8リッターも排気量が小さい「シボレー・カマロ」や「コルベット」と同額なわけだから。

新着記事