ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに

2017.05.18 自動車ニュース

本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。

クラリティ フューエルセルは、一充填走行距離が約750km(JC08モード走行パターンによるホンダ計測値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度という、ガソリン車と変わらない使い勝手をセリングポイントとするFCVで、2016年3月にリース販売が開始されている。

今回ホンダと協力し、FCVタクシーを導入するのは、帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)の4社。

ホンダはFCVの本格普及に向け、今回のタクシー運用を通じて得られた走行データなどのさまざまな情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組むとしている。

(webCG)

「ホンダ・クラリティ フューエルセル」
「ホンダ・クラリティ フューエルセル」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • 第47回:フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る