【スペック】全長×全幅×全高=4370×1750×1385mm/ホイールベース=2660mm/車重=1550kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)/価格=579万円(テスト車=614万5000円/コンフォートアクセス=8万6000円/電動ガラスサンルーフ=14万円/パークディスタンスコントロール<リア>=5万4000円/メタリックペイント=7万5000円)

BMW135iクーペ(FR/7AT)【試乗記】

“熟車”の耐えがたき魅力 2011.09.26 試乗記 BMW135iクーペ(FR/7AT)
……614万5000円

直6エンジンを積む数少ないコンパクトモデル「BMW135iクーペ」。BMWの代名詞である「ストレートシックス」の味わいを、マイナーチェンジモデルで再確認する。

煮詰まったうまみ

すでに新しい「1シリーズ」が発表されて、年内にも日本に導入されることが明らかにされている。そんな今、何で従来型の1シリーズの、それもクーペにあらためて乗るのかというと、ずばり、気になるからである。年ごとに改良されて、どれだけBMWのうまみが煮こごっているか、すごく気になるからである。その昔、よく言ったもんじゃないですか。「初モノのガイシャには手を出すな」って。気に入ったものに本当に長く乗りたいのなら、「むしろモデル末期はチャンスなんだ」と。

パッと見、何も変わっていないように見える「135iクーペ」だが、去る6月、(おそらくは最後の)マイナーチェンジを受けている。まずは、フロントとリアのライトユニットにLEDが仕込まれた。フロントでは“目玉”の上にまゆ毛のようにLEDが並べられ、顔つきがちょっとだけキリッと今っぽくなったように感じられる。

さらには……とテンポよく次の改良を紹介していきたいところだけれども、今回試乗するMスポーツパッケージを装着する135iクーペについては、外から見て変わったことがわかる部分は、実はもうほとんどない。資料を見ると、オーディオにiPodなどをつなげる「USBオーディオインターフェイス」が標準装備となった、とあるぐらいだ。

となると、いよいよ本番、中身のチェックに移ろう。スペック的には従来型と何も変わらないようだが、煮詰まったうまみというものは店のメニューには表れないものである。大いに期待して、3リッターのストレートシックスに火を入れた。

「BMW1シリーズ」は2011年9月22日に新型が国内発表されたが、クーペモデルは継続して販売される。
「BMW1シリーズ」は2011年9月22日に新型が国内発表されたが、クーペモデルは継続して販売される。
一部改良で加わった「USBオーディオインターフェイス」は、センターコンソールの中に備わる。
一部改良で加わった「USBオーディオインターフェイス」は、センターコンソールの中に備わる。

BMW135iクーペ(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る