第147回:禁酒法時代を描くベン・アフレック監督・主演作
『夜に生きる』

2017.05.20 読んでますカー、観てますカー

イタリア系vsアイルランド系の抗争を描く

物語は1926年のボストンから始まる。ギャングたちが血なまぐさい抗争を繰り広げていた時代だ。1919年に成立した禁酒法は、心身を堕落させる飲酒を禁止することで平和な社会を実現しようとした。浅薄な思考から生まれた安易な方法である。法律で人々の欲望を抑え込むことはできない。

酒を排除することはできず、製造・販売の担い手が、合法的な企業からギャングに移っただけだった。闇の勢力が市場の支配権を争って対立し、暴力的な犯罪が増加した。警察は彼らと裏で結びつき、腐敗した政治家が利権の後ろ盾となる。思惑とは逆に、モラルの低い混乱した社会をもたらす結果となった。

ギャングには2つの有力な勢力があった。イタリア系とアイルランド系である。政治経済の中枢は早くからアメリカに移住したアングロサクソンによってすでに独占されており、遅れてきた移民である彼らには席がなかった。同国人で徒党を組み、裏社会で生きることを選んだのは必然と言える。彼らは夜の世界で王になろうとした。『夜に生きる』は、ラム酒密売をめぐるイタリア系とアイルランド系の激しい抗争を背景にした映画である。

20歳のジョー・コグリンは、インディペンデントの強盗だ。アイルランド人なのに、イタリア人のバルトロ兄弟と組んでいる。自らをアウトローと称し、ギャングという組織には属したくないと意気がっているからだ。理想が高くプライドを持っていると言えば聞こえがいいが、要するに現実が見えていないということになる。

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
 
第147回:禁酒法時代を描くベン・アフレック監督・主演作 『夜に生きる』の画像
 
第147回:禁酒法時代を描くベン・アフレック監督・主演作 『夜に生きる』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事